【石川県】小松市・粟津温泉

地域
この記事は約4分で読めます。

石川県、『加賀温泉駅』から各駅停車で一駅隣の『粟津(あわづ)駅』からバス!で15分行ったところに『粟津温泉』はあります。

粟津温泉がある場所は、加賀市ではなく、小松市になる為に、加賀温泉駅からはバスがほとんど連絡しておりません。

その為、加賀温泉郷(片山津温泉、山代温泉、山中温泉)より交通の便は少し不便ではありますが、

加賀温泉の隣の駅の粟津駅からバスが出ています。

徒歩はかなり距離がありますので、バスを使った方がいいです。

粟津駅からバスが出ていますが、1時間に一本くらい、

電車の本数も少ないので、時刻は事前に調べておいた方が良いと思います。

例えば、西の方からサンダーバードで向かうと、加賀温泉駅で乗り換えて一駅なのですが、

ここの連絡も上手くなく、かなりの時間、加賀温泉駅で待つことになります。

ただ粟津温泉で宿泊される場合は宿泊先の送迎バスが加賀温泉駅まで来てくれるので、そちらが一番便利が良いように思います。

タクシーだと20分くらいで、予算としては3500円くらいでしょうか。4000円見ておいたらいいかもしれません。

加賀温泉駅からも粟津駅からも粟津温泉までは、どちらも同じくらいの距離です。

ということなのですが、その前に!

『粟津駅』に到着する時間によりますが、タイミング良かったら、とっても良いお寿司屋さんが駅前にあります。

石川県《小松市》粟津駅【直又】
石川県、JR粟津駅から徒歩2.3分程の場所に『直又』という寿司屋があります。粟津温泉からだと、粟津駅までバスで15分ほど。地元の方々が通われるお店や、通う温泉って本物な気がする今日この頃。店内の雰囲気店内はこのような感じ...

粟津の駅に着いて、お寿司を食べてから、温泉街を目指すというのが、寿司好きとしては、たまりません(笑)

粟津温泉:あわづおんせん

食のアンテナが働いているたびるの頭。

美味しいグルメに出会いました。

粟津温泉の町並みは小さな町ですが、

かなりおしゃれなパン屋があります。

メティサージュというパン屋さんで、経営はフランス人の方。

バス停の目の前ですし、移動にとっても便利。

ハード系のパンがたくさんあり、パン好きな方は心踊ること間違いなし!

あとメティサージュさんにはイートインコーナーもあるので、バスの時間までここで待つこともできます。

こちらはイートインコーナーで先程買ったパン。

フランスの白パンにクロワッサンとシュー皮で作ったフランスでは良く食べられているらしいおやつ。

ホットコーヒーも注文できます。

九谷焼:くたにやき

『九谷焼』とは、『呉須(ごす)』と呼ばれる藍青色で線描きし、赤・黄・緑・紫・紺青の5色の絵の具を盛り上げて塗るのが特徴の焼き物で、山水や花や鳥が描かれていることが多いです。

色を使うのでとても華やかな印象があります。

この辺りは『九谷焼』の地域なので、

九谷焼の器で食事や飲み物がいただけます☆

粟津温泉『法師』の喫茶コーナーでのカップ

粟津温泉『法師』の喫茶コーナーでのカップ

粟津温泉『辻のや花の庄』の器粟津温泉『辻のや花の庄』の器

『九谷焼』が体験できる施設も、

粟津温泉街にはいくつかありますので、機会あれば体験するのも良さそうです。

粟津温泉の泉質

写真は旅館『辻のや花の庄』

『辻のや花の庄』の温泉は『自家堀源泉』のお湯。

ここ、粟津温泉の各旅館は自家堀り源泉を持っているということが粟津温泉の特徴だそうです。

たびる今回の訪問は、体調が熱中症気味だったため、あまりお湯に浸かれず、

いいのか悪いのか、身体の熱をとるために、ずっと水風呂に入っておりました。

さて、粟津温泉のお湯ですが、熱すぎることもなく、

39度や40度。

入りやすい温度です。

その温度なら身体が温もらないという方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことなく、

身体が温かく、夜寝ているときもずっと温かさが持続するような、そんなお湯でした。

石川県《小松市》粟津温泉
石川県小松市の粟津温泉。ここは養老二年(718年)に開湯したというとても歴史ある温泉です。粟津温泉がある場所は、加賀市の隣なのですが、小松市ということなので、バスですが、加賀温泉郷(片山津温泉、山代温泉、山中温泉)より交通の便は少し...
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
地域石川県石川県《小松市》粟津温泉
シェアする