長期滞在の旅のお供

緑茶を入れている画像 たびるエピソード
この記事は約2分で読めます。

たびるの旅のお供があります。

それは『緑茶』

たびるの場合、こだわりがありまして(笑)、茶葉と急須と持ち運びできるドリンクボトルの3点セット。

単にお茶が好きというのもあり、旅先の客室のお茶だけでは足りないということもあるのですが、

旅先で出かける際のペットボトル飲料代の節約にも(笑)

緑茶はカテキンも入っていて、風邪も風邪を挽くひきにくい・免疫力もアップ✨するという点で、日常から飲んでいますが、旅先でも飲みたいので、滞在日数によりますが、長めの旅の必需品です。

ティーバックで持って行けば荷物も軽くなるのに、ここは自分のこだわり(茶葉にもこだわりがある(笑))で、美味しいお茶を淹れたいっと小さな急須を持って行きます。

飲むとなんだかほっとしますしね♪

急須も宿泊先の客室だと用意してあると、わかっている場合は持って行かず、その際は茶こしだけ(笑)。

数日の旅ですと、やはり荷物になりますので、茶葉と急須はあきらめて、コンビニなどで、買ったりもするときもあるのですが(笑)、

せっかくの旅先なので、体調を壊したくない。

もちろん体調を壊すなんて考えられないのですが、旅先では、住んでいる街とは気候や食文化が違ったりして、朝・昼・夜の寒暖差が激しかったり、いつもより食べ過ぎたり、お酒を飲みすぎて体調が悪くなる、等で、体調を壊してせっかくの旅が台無しになってしまうことがあります。

っとあとは、旅先では、場所によりますが、喉が渇いたときに、コンビニや自動販売機も飲食店も見当たらない。

その辺に売っているだろうという考えが通じない時があります。

そういった場合や電車旅などにも大活躍してくれるお茶♪

急須と茶葉とドリングボトル

これが実際の自分のお茶グッズです。

荷物になりますよねってところなのですが、そこはご自身の優先順位ということで(笑)

長居する際、キャリーケースや段ボールを送ったりするので、その時にポンッと入れておくだけです(笑)

ドリンクボトルは常に持ち歩いているものなので、これはあまり、荷物としては考えていない点もあり、

シンプルで軽くて最低限の機能を持っているドリンクボトルで十分ではないかなと思います。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
たびるエピソード
シェアする