【神奈川県】小田原市『ういろうの発祥』駅前調剤薬局

小田原外郎家のういろう
この記事は約2分で読めます。

ういろうの発祥である家、外郎家が、1504年に神奈川県小田原市に来住し、500年以上たった今でも小田原ういろうが食べることができる、とのことで、小田原へ。

小田原駅の目の前にある『ういろう駅前調剤薬局』。

調剤薬局と言う名前ですが、お店を入ると手前は、ういろうや和菓子が売っていて、奥はお茶屋さんとなっていて、そちらでういろうを楽しむこともできます。

お茶屋さんの方に入り、店内を見渡すと、本が数冊置いてある。

外郎売という絵本

この絵本を読みながら、『甘酒』をいただきました。

小田原ういろう調剤薬局で甘酒をいただく

甘酒はこちらで手作りされているようで、美味しく、生姜の絞り汁を甘酒と一緒に出してくださったのですが、これを入れてもまた美味しい。

素敵なお茶時間を過ごせたのでした。

そして、お土産にはもちろん目的の『ういろう』を。

小田原外郎家のういろう

行ったのですが!

『白』と『黒』を購入。

室町時代から作られている味は『黒』のういろうで、『白』(他、数種類ある)は、現代の方が食べやすいようにと作っている味。

ういろうに関しては、味にうるさいたびるなのですが、これは満足。

小田原まで行って良かったー!と思ったのでした。

『黒』のういろうなのですが、黒糖を使っているのか、黒糖の味が少し強いような感じで、現代に出回っているういろうとは確かに少し違うういろうの味がします。

外郎家 黒ういろう

ただ、案内に、ういろうは『薄く切って焼いて食べても良し』と書いてあり、『黒』を焼いてみたところ、かなり美味しい!

これから小田原に行く時の楽しみが増えました。

そして、この『外郎家』、小田原城の近くに『外郎城』と呼ばれる『ういろう博物館』もあります。

小田原の駅からは20分以上歩きますが小田原城を横切って散歩がてら歩いているとすぐです。

あと駅からバスも出ています。

たびるはたまたま休館日の水曜日に小田原を訪れてしまい、ういろう博物館には入れずじまいだったので、また、次回伺いたいと思います。

《ういろう調剤薬局》

住所:神奈川県小田原市栄町1-2-10 秋山ビル1F
電話:0465-24-0268

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
神奈川県小田原市
シェアする