《無人島》散策

洞爺湖の中島 観る
この記事は約4分で読めます。

ここは北海道の洞爺湖の真ん中に浮かぶ島。

ここは日中は売店や小さな博物館が営業しているのですが、誰も住人はおらず、鹿や森にいる動物だけが住む島です。

洞爺湖温泉街から、この中島まで、大体30分間隔で観光船が出ています。

その観光船がある間(9時出航~16時出航※中島から洞爺湖温泉街に帰る最終便は16:30です。2018年現在)は、中島へ行くことができます。

2018年現在で各時間00分発の観光船は大きな観光船。各時間30分発の観光船は中くらいの観光船になりますので、

乗りたい観光船がある場合は、お気を付けください。

中島では、バーベキューできたり、売店があり、小さな博物館(洞爺湖森林博物館)を見学できますが、中島を一周散歩することもできます。

中島一周散策に行く場合は、帰りの観光船の時間もあるので、ここは早めの観光船に乗って中島に向かうようにしましょう。

洞爺湖温泉街から中島までは15分程の乗船で到着します。


ただ、毎年11月~4月初旬までは、中島へは下船できず、下船できない期間は洞爺湖クルーズ観光船になるイメージです。

中島へ下船できる期間も下船せずに、船から景色を見るだけも可能ですが、下船できる期間はせっかくなので、中島を散策したいところです。

前置きが長くなりましたが、朝の観光船に乗り、中島一周散策してまいりました。

中島へは、長ズボンと歩きやすい靴で行きましょう。(滑りやすい靴は避けた方が良いです)

軽食をとれる売店はありますが、こちらは中島の入り口付近に1店舗あるだけで、中島散策している間は自然だけなので、水分補給するものと、何か食べるものを持って行くのがおススメです。

洞爺湖温泉街の観光船の乗船所から5分未満で行ける場所にセコマ(北海道で展開しているコンビニ)があるので、そこで買って行くのもも良いですね♪

あと、自然いっぱいの場所は天候が朝、晴れていても、天候がどう変わるかわかりません。

雨具の準備もお忘れなく。

洞爺湖の中島によく遊びに来る白鳥中島散策コースにはお手洗いも入り口付近にあるだけです。

中島に着くとお出迎えしてくれるのが洞爺湖にいる水鳥たち。

いつもとは限りませんが、洞爺湖に住んでいる白鳥たちもここに遊びに来ていたりします。

中島の、売店や博物館などはこの観光船乗り場付近に集中しています。
中島の中を入ってしまうと、お手洗いもありませんので、お手洗いも済ませてから中島に入りましょう。

中島散策するには、洞爺湖森林博物館で、名前と連絡先を書いて入山届けを書き、木でできたゲート入り口と書いた扉を入ります。

(↓↓↓こちらはゲートを入った中島一周のアルバムです。よろしければご覧ください。↓↓↓)


運が良ければ中島に住むエゾシカと出会うこともあるそうです。
中島一周散策すると7.6kmの距離があり、歩くのが好きな方には良い運動になって自然もたくさんで楽しいと思いますが、
距離がちょっとハードかなっという方にも是非中島に入ってほしい中島のステキなスポットがあります。

洞爺湖中島の不思議なスポット

ここはゲート入り口を入って20~30分程歩いて到着する場所。

昔は森だったのですが、このスポットだけ木々が枯れてしまったというのです。

ここだけ平地なので、作ったお弁当など持っていって、ここでピクニックされる方も多いそうです。

とても広い場所だし、ピクニックしたあとにこの広場でひと遊びして帰るというのもとても良さそうです♪

お天気が良ければ、この中島から、蝦夷富士の羊蹄山(ようていざん)(写真真ん中奥の青く写っている山です)を見ることができます。

そして中島一周を終えて帰った後にこのスポットのことをネットで調べてみたのですが、どうやら、ここのスポット

どうやらものすごいパワースポットだというウワサのエリアらしいです。

パワースポットなのかは実際わからない、鈍感たびるでありますが、車も走っていない自然だけの無人島の散策は、とても気持ちいいものでした。
洞爺湖の中島に遊びに来ている白鳥

中島へ渡る観光船(洞爺湖汽船)ですが、洞爺湖温泉街に宿泊される場合、各宿泊所に割引券が置いているので(あと飲食店や各施設に置いていたりもします)、少ですが、オトクなので1枚持っていってください♪(1枚で1グループ全員分対応)

中島

洞爺湖温泉公式HP:http://www.laketoya.com

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
観る北海道《道南》洞爺湖
シェアする