東京メトロの覚え方

東京メトロのイラスト 東京
この記事は約2分で読めます。

東京メトロは数がとても多く、駅もとても多いです。

駅と駅の距離がとても短く、少し歩くと違う駅にたどり着きますが、注意するべきはその駅は何線かということ。

乗る駅が、近くにあっても進む方向は違ったり、引き返すのに時間がかかったり、行きたい方向への乗り換えがない線だったりするので、線と駅名はセットで乗り間違えないようにするのがスムーズな進み方です。

東京メトロは、9線走っています。

丸ノ内線
日比谷線
東西線
千代田線
有楽町線
副都心線
半蔵門線
南北線

駅も数多くありますが、東京メトロはどの駅を通るのかが謎です。

例えば、日比谷線や銀座線や浅草線。

日比谷線は日比谷に止まることがわかっても、日比谷とどこが繋がっているのかが、わかりません。

銀座線も銀座、浅草線も浅草には止まることは分かるがそれ以上がわかりにくい。

日比谷線は、北は『北千住』、南は『中目黒』と繋がっています。

銀座線は北東『浅草』から、西の『渋谷』まで。

浅草線は北東『浅草』から、南の『西馬込』へ。

東京外の方は慣れるまで、線の名前では想像がつかないのでしょうか。

駅も多すぎて複雑なので、これはもう東京メトロの駅で、メトロ路線図の紙をもらって持ち歩くのが、1番ラクです(笑)

たびる的には、東京の地名の位置を理解して、路線図の紙をみて、何回か繰り返していくと(GoogleMAPも結構見てました。)案外メトロも頭に入るようになっていったような感じです。

まずはJR山手線、主要駅の位置関係と山手線の円を描いた中央にある駅が水道橋・後楽園・春日であるというようなことを頭に入れると、全体的にわかりやすくなったような気がします。

https://www.tokyometro.jp/index.html

《よければメトロつながりで、こちらもどうぞ♪》

大阪メトロの覚え方
大阪のメトロと東京のメトロと、東京の方が圧倒的に駅数は多いのですが、大阪もそれなりに駅数はあって、観光に来られる方は、わかりにくいと感じられる方もいらっしゃると思います。なぜならば東京メトロと考え方とうのか、線の表現の仕方が全く変わるのです。
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
東京たびるエピソード交通機関
シェアする