京都府相楽郡(そうらくぐん)和束町(わづかちょう)

和束町茶畑・奥みどり 地域
スポンサーリンク

ここは京都府 相楽郡 和束町。

京都府ですが、京都の南東部に位置する場所です。

最寄り駅はJR大和路線『加茂駅 』からバスで20分ほど。

 

加茂駅までの行き方は、

京都駅の場合JR奈良線『奈良行』に乗り、『木津』でJR大和路線に乗り換える。

京都駅から1時間程。

大阪駅の場合北新地駅まで歩き、そこからJR東西線『 木津行』か『奈良行』に乗り、『木津 』でJR大和路快速に乗り換える。北新地駅から1時間半程。

 

奈良駅の場合JR大和路快速に乗り15分。

 

そして、大阪からの場合で、もし天王寺が近い場合ですが、天王寺ならばJR大和路線の大和路快速に乗ると、乗り換えもなく、なんと52分で着くので、とても便利です☆

 

なんと、京都駅から行くより近い!

 

和束町はお茶の町

京都府相楽郡和束町の茶畑

和束町は、大阪府、滋賀県、奈良県が隣近所の位置にある京都ですが、公共交通機関で向かうとなかなかの時間がかかる場所。

この和束町は、お茶の町。

和束町の隣は、宇治田原町がありますが、この宇治田原町は宇治茶発祥の町。

隣町ですが、和束町も四方を見渡すとお茶畑だらけ。

丸く、モコモコに整えられているお茶の木が、癒されます。

春は新芽でやわらかく、黄緑色のお茶畑になりますが、秋にあるにつれ、緑の色が深いお茶畑になります。

冬は、雪が降ると、お茶畑のモコモコが真っ白になり、それは魅力的な景色だそうです。

ちなみにこのページのトップ画像のお茶の葉とともに写っている茶畑は、11月の茶畑。奥みどりという品種。

このコーナーのトップの茶畑(黄緑の茶畑)の画像は、5月初旬の春の茶畑の画像です。

お茶の国ニッポン・茶摘み体験
日本はお茶の国。世界中を見てもお茶がある国というのは限られています。お茶の国、ニッポンということで、お茶畑には行ったことがあるでしょうか?お茶畑が身近にある地域では、学校の遠足など、行く機会があったかもしれませんが、そうではない所では、お茶畑に行く機会はなかなかないと思います。

お茶を使った料理

和束のお茶で作った加工食品

宇治茶の産地、和束町では、お茶を使った食品がたくさんあります。

お茶の葉はもちろん、お茶を使った佃煮、ふりかけ、ドレッシング、焼き菓子、和菓子などいろいろ!

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は kyotowazukaf.png です

お茶の花の和菓子もお茶の町ならではだと思います。

お茶の花に見立てた和菓子とお抹茶

和束町のグルメマップがあるので、それを見ながらいろいろ行ってみてください。

あと一年に一回、11月に茶源郷まつりというのが開催され、このお祭りにはお茶にまつわるものがたくさん出店されています。

茶畑ウォーキングなど☆で出会う景色

京都府和束町の茶畑

和束の観光スポットと言えば、茶畑巡り!

京都府景観資産登録地域の茶畑がいくつかあります。

徒歩では行ききれない距離の観光スポットもありますが、そんな時はレンタサイクルがあります。

天気のいい日は、レンタサイクルで茶畑をめぐり、茶畑以外のスポットを目指し、茶畑の風や景色に包まれながら、とても気持ちがいい時間になるはず!

和束町まで歩いてみよう!!

和束町への標識

和束町は公共交通機関を使うと、JR加茂駅からバスで行くことになります。

もしかすると、少し長いかもしれないけれど、加茂駅から歩けるのではないか!っと思い歩いてみました。

和束町のどこまで行くかというところで、距離は大きく変わってきますが、和束町の入り口までは4kmほどで行けます。

田んぼ道からだんだんと茶畑に囲まれていくような風景に飽きることなく散歩感覚で和束町にたどり着きます。

ただ、和束までの道の途中にお手洗いがあるところはほぼありませんので、ウォーキングする方は、加茂駅構内のお手洗いを済ませてから、出発するようにしてください。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
地域京都府«相楽郡»和束町