大阪府《堺市》織田信長が持ち帰った蘇鉄『妙國寺』

観る
この記事は約2分で読めます。

阪堺電車、妙国寺前駅にあるのが『妙國寺』

開基は阿波国(四国)の三好義堅(実休)。

当時は東西3町南北5町(1町110m程)の敷地でした。

堺は刃物の街でも有名ですが、妙國寺の周りには刃物屋がポツポツとあったようで、妙國寺のお参りの帰りは刃物を買って帰る。

というのが当時のスタイルだったようで、時代は明治〜昭和になりますが、

実は堺出身の歌人、与謝野晶子さんもそのような話を残されているようです。

妙國寺の本堂

妙國寺の本堂

こちらが本堂。

この中には大蘇鉄があり、

織田信長が気に入って、この土地から引っこ抜き、持ち帰ったが、その大蘇鉄が毎晩『帰りたい』と泣くそうで(というのは風が吹くと蘇鉄の葉がガサガサ鳴る)、

それが奇妙で斬りつけたら、赤い樹液が出てきて血のようで(というのも蘇鉄の樹液は酸化すると赤くなるらしく)、

信長がうなされたのか、最終的には大蘇鉄は妙國寺の土地にまた帰ってくることができたそうなのです。

その他、『堺事件』という、当時この辺りの警護に当たっていた土佐藩士が、フランス人が船で来たときに、(実は開国されていたのに)まだ開国していないと聞いていた為にフランス人を殺傷してしまった。

そのような痛ましい事故がありました。

フランス側は日本側も処刑されることを要求し、

その時の土佐藩士11人が自害することとなったのです。

それがこちらの妙国寺の境内で行われ、当時の遺品は本堂に保管されています。

実際に処刑が行われた場所は、妙國寺入り口を出た迎え側、この石碑があるところで行われました。

妙國寺本堂ですが、本堂の受付の場所が最初わからず、5分ほどウロウロしてしまいました。

本堂の下が入り口です。と看板があるのですが、この本堂の写真の階段と階段の間をまっすぐ進むと自動ドアがあります(本堂1階)。

そこを開けてみるとすぐに受付なので真っ直ぐ進んでみてください。

拝観時間:10:00-16:30

休館日:年末年始

拝観料:大人400円

宇賀特正龍神

宇賀特正龍神

土佐藩十一烈士之英霊碑

土佐藩十一烈士之英霊碑

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
観る大阪堺市
シェアする