大阪市でお花見ウォーキング、とにかく桜コース!

観る
この記事は約6分で読めます。

大阪市内で桜を楽しむお花見、なんと10kmウォーキング!で、素敵なお花見場所を紹介したいと思います🎶

メトロ千日前線今里駅をスタートし、

⇒三光神社(玉造)⇒大阪城公園(森ノ宮)⇒天満橋⇒大阪天満宮(南森町)⇒桜ノ宮がゴールのコースです。

全て行こうとするとキリがないので、メインの場所を決めて行くのがいいと思います。

三光神社は玉造駅

まず、三光神社とは、『真田丸』の真田幸村が大坂夏の陣で、潜んでいた神社。

その三光神社は玉造駅にあるのですが、その隣に位置するメトロ、今里駅から出発!

なぜならば、どうしても行きたい、そして行列ができるうどん屋さんがあったからなのですが!

行ったら、閉まっていました💦

残念!

ということで、今里駅からてくてく玉造駅へ、途中、公園を通る道を選び向かいました。

玉津公園玉津公園

玉津公園横の桜の道が美しいです。

東小橋公園東小橋公園

大阪はちょうど選挙の前日で選挙活動が盛り上がっていました。

東小橋公園の場所は、もう玉造駅。

駅を横切り商店街に入ります。

ここも横切って、2分ほど歩くと、そこには『三光神社』があります。

宰相山公園が隣接されていて(というか囲まれている)、そちらの入り口にたどり着いた方は、中で繋がっているので、どこからでも入れます。

【三光神社の詳しい記事】

大阪市《桜が美しい!》真田丸・三光神社と宰相山公園
大阪市内は東成区、大阪環状線と、大阪メトロ長堀鶴見緑地線の玉造駅から5分ほど歩くと、『三光(さんこう)神社』があります。または、三光神社は『宰相山(さいしょうやま)公園 』と繋がっているので、そちらの方がわかりやすいかも。もしくは、『...

宰相山公園、それほど大きくない公園ですが、桜が見事です。

登って行くと、一番上に、大阪陸軍墓地があり、その奥はまた桜が広がっています。

そして、そこでお花見を楽しむファミリーも少なくありません。

お花見の穴場の一つではないでしょうか。

墓地だから、入りづらいかもしれませんが、誰でも入れます。

主に、明治時代、戦争に行かれた方々の墓で、歴史の勉強に訪れる学生たちも見かけました。

墓地の正面入り口は、公園。

地元の子供達でものすごく賑わいのある公園です。

三光神社兼宰相山公園兼大阪陸軍墓地を出まして、次に目指すは大阪城。

陸軍墓地の正面を出たら、その方向に真っ直ぐ、道を進みます。

長堀通という大通りの信号を渡り、直進すること10分15分で大阪城公園にたどり着きます。

その途中で、ここも桜が綺麗な玉造公園を通りました。

大阪城公園

次に大きな通り、上に高速が通っている中央大通りを渡ると、大阪城公園です。

大阪城南堀は、この場所から一番近くにあるお堀になりますが、ここの桜並木が一面桜色。と、かなりの数の花見客。

大阪城公園内で、この桜並木が、桜時期、一番盛り上がっているのではないでしょうか。

花見客が集まるだけあって、桜の数もかなり多いです。

桜を見たいんだけど、人混みが嫌だーっと感じている方も、少なくないと思います。

そんな方に朗報!

この桜を静かに見下ろしながら、ゆったりできる場所があるんです☆

行き方は大阪城の大手門を入り、修道館の裏を登ると、この景色。

先程の桜並木を向こう岸に見るカタチです。

あまり知られていない場所なのか、お花見客が数組ほど。

とっても穴場✨ですが、ワイワイ騒ぎたいならば、先程の桜並木でお花見するのをオススメします。

この向こう岸にある桜並木を見ながら、お堀沿いに歩いていくと、桜がたくさんある場所が。

上にポコッと大阪城天守閣。

素敵な景色でした。

この桜の木の下も多くの方々がお花見していました。

【大阪城公園の詳しい記事】

大阪城公園散歩
大阪城公園は一周、7kmほどの距離があり、最寄り駅も様々あります。乗る線によって降りる駅が違うということと、大阪城公園内の向かう場所で降りる駅を変えたりというところでしょうか。JR東西線の京橋駅・大阪城北詰駅JR環状線の大阪城公園駅・森...

そこから、内堀沿い、梅林の方へ歩き、大阪城青屋門を抜け、左に進むと、

新鴫野橋(桃園があります)に出ます。

橋を渡り(大阪城公園を出ます)、桜の遊歩道沿いに歩くと、城見通りにかかる橋があり、ここを渡ります。

このように天守閣が綺麗に見えます。

橋を渡ると、JR東西線の大阪城北詰駅に着きますが、そちらを抜けて、藤田邸跡公園を目指し、川沿い(大川)に出ます。

この大川沿いは桜のスポット!!

右へも歩けるのですが、まずは左手に歩きますとこのような橋が見えます。

川崎橋

ここは川崎橋と呼ばれる橋。

桜満開時なので、多くの人や、川には様々な観光船が出ていて、橋を渡ると屋台が出ていて、大変賑わっています。

川崎橋から眺める大川沿いの桜川崎橋から眺める大川沿いの桜

川崎橋を渡り、遊歩道沿い、左(天満橋方面)へ進んでいきます。

下から見上げる天満橋下から見上げる天満橋

天満橋の下をくぐると、南天満公園に出ます。

ここも桜一色。

大阪天満宮

公園の終点を出て、そのまままっすぐ600mほど進むと、大阪天満宮があります。

写真、道の一番奥が大阪天満宮の入り口。

今まで見てきた桜のボリュームがあったので、天満宮の桜は少なく思いますが、

桜1本の魅力が際立って、こういう景色もとても好きです。

天満宮の裏を抜けて出るとこのような場所があります。

星合池

星合池

星合池の橋を渡ると、星合茶寮があります。

天満宮は学問の神様、

この星合茶寮では、『すべらんうどん』を食べることができます。

大川沿い〜桜ノ宮へ

天満宮から曽根崎通りという大通りに出て、次は右に真っ直ぐ進むと、大きな橋、桜ノ宮橋があります。

この写真の右手には、造幣局があります。

この橋を降りて左に進むのですが、橋の手前を進んでもいいですし、

橋の奥を降りて進んでもいいですし、

どちらも桜並木の道を楽しめるようになっています。

手前の方は『泉布観』という、造幣局の応接室だった建物があります。

あとは、帝国ホテルもこちら側になります。

この投稿のトップ画像が、この桜ノ宮橋からの眺めになります。

桜ノ宮橋奥を降りるとこのような感じです。

花が咲くところに人は集まる☆

先程の桜ノ宮橋。

こちら向かい側が帝国ホテル大阪です。

桜を見ながらだとあっという間。

桜ノ宮駅に行く前に源八橋を渡ってみる。

写真真ん中奥くらいに、大阪城が見えています🎶

この写真も源八橋から。

桜をとことん楽しんだコース。

この奥(写真の後ろ方向側)に、毛馬公園という、これまた桜がたくさんの公園があったりしますが、たびるはこの10kmでもういっぱいいっぱい。

物足りない方は是非是非、この川沿いを進んでいただき毛馬公園まで、足を伸ばしてはいかがでしょうか?

こんなに歩きたくない方は、ピックアップしたところに行っていただきたいと思います(^o^)

とても充実したウォーキングになりました。

【大阪府】大阪市
大阪市は、『天下の台所 』と言われるように、 その昔、物流や商業の中心で、全国の藩が蔵屋敷を置いており、栄えた地域でした。そんな大阪市は、明治・大正・昭和の歴史を感じる機会も多い大阪市を紹介します。交通大阪市は、よく言われるのが、...
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
観る大阪市内
シェアする