京都府相楽郡《和束町》正法寺(しょうほうじ)

観る
スポンサーリンク

和束町にある正法寺は、聖武天皇の皇子、安積親王の冥福を祈って、行基が創建した禅寺。

この正法寺から安積親王陵墓までは徒歩10分くらいの距離はありますが、正法寺から安積親王陵墓までは、一本の道で繋がっています。

こちらは新緑の時期で、青もみじがとても綺麗。

これは紅葉の時期もとても美しいのではないかと思います。

ここを抜けていくと、

十二支をお供にしたお地蔵さんが並んでいます。

とても可愛らしいお地蔵さま。

こちらは冬に撮った同じ写真ですが、お地蔵さん全員、赤い帽子とマフラーをしていて、

十二支も帽子をかぶっていて、

とても大切にされていると感じることができ、あたたかな気持ちになることができました。

帽子をかぶった十二支の戌とお地蔵様

正法寺の場所は、和束町の中心『和束山の家』のバス停より10分程度。

安積親王陵墓を背に直進していきます。

住所:京都府相楽郡和束町大字南小字下河原71


正法寺
正法寺



http://tabiru-japan.com/2018/11/13/%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%BA%9C%E7%9B%B8%E6%A5%BD%E9%83%A1%E3%81%9D%E3%81%86%E3%82%89%E3%81%8F%E3%81%90%E3%82%93%E5%92%8C%E6%9D%9F%E7%94%BA%E3%82%8F%E3%81%A5%E3%81%8B%E3%81%A1%E3%82%87%E3%81%86/

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
観る京都府京都府相楽郡和束町