石川県《白山国立公園》室堂〜白山比咩神社奥宮と御前峰山頂

観る
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

石川県、白山(はくさん)の御前峰(ごぜんがみね)の山頂2702mまでの道は参道になっており、白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ)という白山を守っている神社の奥宮があります。白山比咩神社の本殿は、鶴来という地域にあります。さて、白山の山頂へ行くためには、いろいろなルートがありますが、一番近いコースが、車が入れるギリギリの場所である『別当出合(べっとうであい)』から砂防新道(さぼうしんどう)を通るコースになります。日帰りで山頂まで行って帰る人たちもいますが、御前峰山頂の250mほど下に、『室堂(むろどう)』という山小屋があるので、1泊2日の方々(1日目は『別当出合⇒室堂』まで上がり、『室堂』に宿泊。2日目、御来光、『室堂⇔御前峰山頂』を行き帰りし、室堂に戻り、休憩して(宿泊の方は朝食を食べて)、下山するというコースで行く方)が多いのではないでしょうか?

室堂

こちらの赤い屋根の建物が、『室堂』という山小屋です。『室堂』は宿泊棟、売店(お菓子・ドリンク・お土産)、食堂がある施設。食堂は朝食と夕食は宿泊利用する方のみになります。日帰りの方が食堂のメニューを注文したい場合は、11:00-13:00の軽食メニューを注文することができます。11:00-13:00以外の時間は、売店のカップヌードルとスナック類しか売っていないので、軽食以外の時間に『室堂』を利用したい方は頭に入れておいた方が良いでしょう。席が空いていれば、昼の間は、持ち込みの人も、食堂を利用できるようです。白山は国立公園の為、ゴミ箱を設置できないので、ゴミは各自(山小屋で購入したものも)持ち帰ります。山や国立公園に関して無知なので、恥ずかしながら、ゴミは自分で持ち帰るということに、『そうなんだ!』と思ってしまいました。小学生の時に教えてもらった、当たり前の事も、便利な時代には忘れがちで、大切な事を思い出させてもらったような気がします。『めんどくさい』という方々も多いかもしれませんが、山の方々からすると、これは常識だそうです。あと、山小屋には、夏の一定期間だけ、郵便局が営業していて、雲の上から郵便を送ることができます🎶

白山比咩神社祈祷殿

室堂を通り抜けると広場があり、広場を見ると、そこには白山比咩(しらやまひめ)神社、奥宮登拝の祈祷殿があります。夏季(7月8月)の間は、鶴来にある本殿から神職の方々が上がられますので、その間、御朱印、お守り、記念品など販売されていて、話題の辛口おみくじも引くことができます。

この鳥居をくぐって祈祷殿の右側を抜け、上がっていくと、白山、御前峰の山頂にたどり着きます。

山頂まで

白山比咩神社祈祷殿の右側から山頂に続く参道の雰囲気を記録。この写真は鳥居をくぐり抜け、祈祷殿を右手にしたところの写真です。道に迷うことなく、この山頂に続く道をただひたすらまっすぐ上がっていくと山頂に着きます。ゆっくり歩いて、上がりが40分。下り30分くらいになります。

始めの上りは、道が細いです。

こちらはナナカマドと室堂(山小屋)。

この辺りは山の花や実がたくさん生えています。

もう少し上がると緑が少なくなるイメージで、雪渓が見えます。8月半ばの写真ですが、雪渓がもうなくなりそう。

こちらは高天ヶ原(たかまがはら)

室堂と山頂の折返し地点。

あと半分上がったら山頂です!

このような道をずっと上がっていきます。

御前峰山頂と白山比咩神社奥宮

このほこらが見えると、ここが頂上です!お疲れ様でした🎶

白山比咩神社の奥宮。夏季の神職の方々がいらっしゃる間だけですが、

奥宮にも辛口おみくじがあります。

下では『末吉』でしたが、頂上では『吉』に昇格いたしました🎶そして、奥宮を抜けると山頂の標が!

御前峰、頂上2702mです。

御前峰山頂から見下ろす紺屋ヶ池(右)と油ヶ池(左)。

御前峰に池がたくさんあり、御前峰山頂から、池をめぐる『お池めぐりコース』を歩いて、室堂まで帰ってくることができます。

こちらは頂上から見下ろす白山比咩神社奥宮と、右下の赤い屋根が、山小屋の『室堂』。

御前峰山頂より室堂を見る

御前峰山頂より室堂を見る

方位盤

方位盤

こちらのずっと直進した方向が東京。

こちらは少し南。この写真の場所は石川県ですが、見えている山々は岐阜県。その奥が長野県あたりです。

朝日はこのあたりから上がるのだと思います。

先程と角度を変えた奥宮。この日は雲海が綺麗な日に上がり、いい感じの一枚が撮ることができました。

山頂から眺める360度は様々な景色があり楽しいです。

〜白山登山道〜

《砂防新道》南竜分岐点:標高2100m〜室堂:2702m

石川県《白山国立公園》南竜分岐点〜室堂
ここまで来たら、砂防新道(さぼうしんどう)も、後半!室堂(むろどう)ビジターセンターを目指して歩きます。ですが、ここからが心臓破り的な坂道がなんと2つも待っているのです!ただ、いろんなシーンがあり、とても綺麗な景色がたくさん待っている...
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
観る石川県白山市
シェアする
スポンサーリンク