お茶の国ニッポン・茶摘み体験

京都府和束町の茶畑 体験
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

京都府《相楽郡》和束町で茶摘み体験

京都の南東にある和束(わづか)町はお茶畑の町です。
見渡す限り、お茶畑!

そんな和束に行ったならば、せっかくなので、茶摘み体験をさせてもらいましょう!

時期としては5月から10月。

特にオススメの時期と言えば、5月。
新茶の季節の茶葉が一番柔らかいのだそうです。

ただ、施設によっては冬も茶摘み体験受け付けているところもあるようです。
冬の和束の茶畑は雪が積もっていて、その雪景色はまた絶景なんだとか。

この記事でアップしている写真は5月2日、お茶業界にとって最大のイベント、八十八夜の和束の景色です。
たびるは毎年、この時期に和束にお邪魔させてもらっています。

山も、森も、川も、滝もある自然いっぱいの和束です。

あとはお茶のカフェ、
お茶を使った食事、
宿泊施設もあります。

お茶のお弁当をいただいた時の写真もアップします。

あくまでも一例ですが、

・お麩の唐揚げのお茶ジュレ掛け
・茶そば
・焙じ茶で炊いたごはん
・お茶で炊いた煮物
・普通のごはん
・抹茶のポテトサラダ(クコの実もお茶で炊いてました)
・お茶で炊いたごはん
・抹茶豆腐

でした☆

あと、お茶の生葉の天ぷらも美味しいです♪

お茶の国ニッポン。
京都以外でも茶畑がある地域はあります。
旅先の近くで茶摘み体験があれば、是非一度体験してみてください☆

ちなみに和束町、公共機関での行き方は、JR関西本線『加茂駅』よりバスに乗っていきます。

和束町観光サイト|お茶の京都|京都府南部の観光情報サイト(お茶の京都DMO)
茶をはぐくみ暮らす生業の地

⇓⇓⇓ 茶摘イベントをされている茶農家の方もいろいろあります♪お日にちが合うならば是非♪ ⇓⇓⇓

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
体験 京都府«相楽郡»和束町
シェアする
スポンサーリンク