《大阪府》交野市・標高341mの『交野山』で山歩き

観る
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

大阪府の北東部、 京都と奈良と大阪の県境にある標高341mの交野山。 JR東西線の『津田駅』(枚方市)から出発。 テンポいいペースだと津田から1時間で頂上まで行くことができます。 津田駅から交野カントリー倶楽部の方面へ、 交野市のノルディックウォーキングをメインに企画しているnanajiさんに案内してもらい、進みます。 この日は、交野山の日の出を見に行くノルディックウォーキングの会に参加☆ 交野カントリー倶楽部の門をくぐり、とにかく登りを進むと、手前に交野山・観音岩(交野山の頂上)に入る入り口があります。

この看板がある場所を入り、階段をずっと登っていくと、見えてくるのが大きな岩。

ここが、交野山の山頂。 この変わった形の岩自体が仏様。 観音岩と呼ばれています。 観音岩は聖観音をあらわす梵字が岩肌に掘られており、観世自在菩薩とも呼ばれているそうです。

上に行くと、このように岩が突き出していて、この写真では上手く伝わりませんが、岩の上に20人位は乗れそうです。 ただ岩には柵などありませんので足を滑らさないよう十分に気をつけてください。

整備

岩の上から見えるのは、この記事のトップ画像にしている写真の景色。 左手が大阪市内方面(一際高いビルは、天王寺にある『あべのハルカス』)、 右手をずっと行くと京都市内。 正面は茨木市や高槻市、の奥の山は神戸に繋がっています。

こちらは岩とは逆の方面。 左側が南山城地区。 宇治茶のお茶畑も多い地域です。 右側へは、奈良県が広がります。 ちなみにこの場所からは、奈良の若草山も見え、若草山の山焼きも見ることができるそう☆

この日は寒く、雪雲もたくさん降りてきていましたが、素敵な日の出を見ることができました。 帰りは元来た道ではない道を降りました。(元来た道でも、もちろん帰れます。) こちらの方は鳥居がいくつかあり、先程登った観音岩が神聖なものだったのかと感じる道。(気がつくのが遅い(笑))

まだまだ歩く元気があるので、nanajiさんについていって、交野山のお隣の国見山へ。

歩く距離はめちゃくちゃ短いかと思って歩くと、まあまあ歩きますが、 交野山の観音岩を眺めることができる国見山へ。

見晴らしはもちろん交野山がいいですが、国見山はどの方角に何が見えるのか、手書きの案内板が机に置かれています。

ここから、津田駅を目指して行くのですが、帰り道は杉のふかふかの道を通ります。

ここがとても気持ちがいい♡

しばらくすると津田城跡という場所が出てきました。

ここは、織田信長公が攻め滅ぼした津田氏の居城跡だそうです。

この杉林の中に、一本だけはえている大きな桜の木。
桜の季節にちょっと見てみたいなと思いました。

交野の案内人nanajiさんとは

https://blog.livedoor.jp/mao818honokazki77524-katano_ga_suki/archives/30734067.html?fbclid=IwAR0RPo22iWzo-lxq2W6xekx9YNEkRo1e0cBAk0R-3vxcIySRAmx8HiV7NFA

ノルディックウォーキングnanajiさんのブログはこちら

http://blog.livedoor.jp/mao818honokazki77524/archives/78870394.html?fbclid=IwAR0fUxHtIoLa1XqFQZU_XXaVrN7lCP2fsAohMIxB4qHe9_HpylHuOghOyJE

https://tabiru-japan.com/2018/11/18/%E5%A4%A7%E9%98%AA%E5%B8%82%E3%81%AE%E8%A6%B3%E5%85%89/
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
観る 交野市
シェアする
スポンサーリンク