『実は徳川家康の墓がここにあった!』《堺市》大徳寺派南宗寺

観る
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

阪堺電車、御陵駅から歩くと南宗寺(なんしゅうじ)に着きます。

ここは拝観受付が入り口を入って一番奥になり、入り口は御陵駅と寺地町駅の間を東に入るというイメージです。

南宗寺に入ると、まず、墓地があり、墓地を抜けて置くまで行くと、拝観受付があります。

甘露門と三好長慶像

甘露門と三好長慶像

南宗寺拝観受付

右手が南宗寺拝観受付

そこには、堺を拠点に畿内を支配していた三好一族の供養塔を始め、

千利休一門の供養塔(表千家・裏千家・武者小路千家)、武野紹 の供養塔、津田一門、半井家一門の墓があり、

なんとここには徳川家康公の墓が!

大坂夏の陣で後藤又兵衛が突いた槍で負傷した徳川家康公は堺で生涯を終えたのでしょうか。

その証拠と言えるような出来事はこの堺にいくつか残っているようですが、

徳川家康公がどこで生涯を終えたのかはいくつかの説があり、

これは永遠の謎なのかもしれません。

撮影は一切禁止ということで、外からの写真しかありませんが、

国の名勝・方丈の枯山水庭園や仏殿などあり、歴史を感じながら歩ける場所でした。

https://tabiru-japan.com/2019/03/04/%e3%80%8a%e5%a4%a7%e9%98%aa%e5%ba%9c%e3%80%8b%e9%98%aa%e5%a0%ba%e9%9b%bb%e8%bb%8a%e3%81%a7%e8%a1%8c%e3%81%8f%e3%80%8e%e5%a0%ba%e5%b8%82%e3%80%8f%e3%83%ac%e3%83%88%e3%83%ad%e6%97%85/
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
観る 大阪 堺市
シェアする
スポンサーリンク