【青森県・下北半島】佐井村・仏ヶ浦

地域
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

青森県、日本地図で見ると、右側に突き出している半島が下北半島です。

下北半島の一番北にある町・漁港は『大間漁港』で、『大間のマグロ』と言ったらわかる人も多いのではないでしょうか。

その大間からバスで20分ほど南へ進むと『佐井村(さいむら)』という小さな町があります。

ここも漁港で、綺麗な海、緑も豊富そうで、美味しい自然の恵みがたくさん揃っていそうな予感がします。

まんじゅうや 大漁(およ)丼
佐井村のバスターミナルでもあり観光船乗り場でもあるアルサスという建物の2階にある『まんじゅうや』でお昼ごはん。 大漁丼と書いて『およどん』と読む海鮮丼を注文。 その日の漁で捕れた魚で作って下さるため、内容は日によって変わるそう。 佐井村

さらに、佐井村のフェリーターミナルから観光船で20分程、

この辺りは潮が速いからか、観光船は結構とばしている様子、で進むと、

『仏ヶ浦(ほとけがうら)』に行くことができます。

トップの画像は仏ヶ浦という場所です。

自然が創り出す景色と自然の恵みがつまった佐井村と仏ヶ浦、とても魅力的で、

行くのは少し不便があるけれど、ここは一度は見てもらいたい絶景♪

オススメな場所です。

青森県《下北半島》仏ヶ浦
フェリーのデッキから、初めて見る下北半島方面をぼーっと見ていたら、 違和感のある巨大な岩っぽい何かが、ものすごく遠めに見えたのがわかり、 人工ではとてもじゃないけれど造れなさそうな規模だったし、『あれはなんだったのか?』っとどうしても気になり

こちらの記事は、仏ヶ浦から帰ってきた時に、たまたま、レンタサイクルを勧められ、せっかくの機会だから!っと、

絶景を目指して行ってみた記録↓

毎度毎度、思いもよらないけれど、

素敵な旅をしている気がいたします。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
地域 青森県《下北半島》佐井村
シェアする
スポンサーリンク