京都のご当地うどん、たぬきうどんは想像していたものと違った

京都のたぬきうどん
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

京都の町で親しまれているうどんに『たぬきうどん』がある。

と教えられた。

京都のたぬきうどんとは、きつねうどんの出汁があんになっていて、おろししょうがをたっぷりかけて食べるものだそうです。

刻み生姜でないということも特徴だそうです。

たぬきというと天ぷらや天かすのような、コンビニでもよく売っているカップ麺のたぬきを想像して、『それが入っているうどんのことだろう』と思っていたのですが、

あるお店のご主人に実は他の地域の人が想像するうどんと違うものだと教えてもらって、どんなものなのかと思って注文したのがきっかけ。

細めの柔らかいうどん。

それが京都のうどんだそう。

餡に、おろし生姜もたっぷりかけるので、とっても温まって身体に良さそうなのが見ただけでわかります。

冬の寒い時期、喉の調子が悪い時、風邪ひいた時にもとっても良さそうです。

京都の方々は、ピンボールくらいのサイズのおろし生姜でも足りずに、もっとほしいと追加を要求されるんだと店のご主人は嬉しそうに話されていました。

京都の地元の人たちに愛されている『たぬきうどん』でした。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
京都府
シェアする
スポンサーリンク