サイクリングで自然を感じる

洞爺湖サイクリング 体験
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

観光地に行くとレンタサイクルが各地ありますが、これはたびる的にはとてもオススメ。

特に自然がたくさんある地域でオススメしたいサイクリング!

旅先から、出かける先がちょっとした遠出の時に。

その地の自然や風を感じながら、車では気が付かないものにも気が付けて、

レンタサイクルで過ごす時間もオススメです。

今回のレポートは北海道の洞爺湖をサイクリングで一周した時のものです。
洞爺湖は湖沿いにずっと道が走っているので、とても気持ちの良いサイクリングを楽しめるとのこと。

洞爺湖は一周36kmだそうで、なかなかの距離とは思いますが、一日使って(洞爺湖一周の半分くらいのところでカフェなど、楽しむ予定で)サイクリングしてみよう!と計画し、自転車のレンタルに行きます。

洞爺湖一周したいと言うと、お店の方が地図を渡してくれて、洞爺湖一周するのにどっちから回ればいいか(体力的にラクなのか)教えてくれます。
この写真は、洞爺湖サイクリングしている途中に見つけた洞爺湖周辺の案内図の看板。
洞爺湖周辺案内図

この日は曇り空でしたが、自然に癒されて、写真もバシャバシャ撮りました(笑)

進行方向左手を洞爺湖側にして進む方が、ラクに楽しく行けるそうです。

なんてったって36kmの道程!!ラクな方がいいです♪

可愛い小さな島のようなのが見えてきます。

道は洞爺湖を左手にしてひたすら湖沿いを走ります。

洞爺湖真ん中の中島の見え方も変わっていきますので、そこも注目です☆

少し進むと、木々に囲まれた道になり、また違った魅力の道を進みます。

この辺りは小鳥のさえずりがBGMのように流れる中、サイクリングできたイメージです。

砂浜のようなところがあったので、自転車から降りて、歩いてみる。

湖は波がないので、プカップカッっと言う水の音がして、これもまた癒しです。

しばらく進むと、白樺の木が見えてきて、ここに『えぼし岩』という岩がありました。

まず見えてくるのが、『えぼし岩公園』の案内板。

『ん!?』っと思いながら『えぼし岩』らしき岩を探してみると、

この右側の丘の上に積んでいるような大きな岩を発見。

これが『えぼし岩』。

不思議なカタチでした。

えぼし岩を過ぎ、湖沿いを進んでいくと、標識がありました。

なんと、札幌まで99km!!

天気予報でよくみる日本地図上では洞爺湖-札幌間は近いような気がするけれど、さすが北海道!

広大です!!

また、洞爺湖沿いはたんぽぽが、たくさん咲いていて、とても綺麗です。

たんぽぽ畑!?っと思ったくらいに咲いている。(恐らく野生)

ここまでが大体半分進んだ地点です。

この景色が見えると、後半戦というところでしょうか。
洞爺湖の真ん中の中島がちょうど逆に見えます。
ここは『財田(たからだ)』という地域で、この地域は田んぼが多く、『財田米』というとても美味しいお米がこの地域で育ちます。

この財田あたりに付いたら後半戦スタートです。
洞爺湖温泉街を目指します。

湖畔で休憩するカモ達。

なんでも絵になるのでしょっちゅう自転車を止めて、携帯をパシャパシャしてしまいます(笑)。

洞爺湖に住む白鳥

洞爺湖温泉の反対側の町、洞爺を散策し、洞爺湖沿いに戻ると、大きな白い鳥・・・!

これは白鳥なのかと近づいてみると白鳥でした。

優雅に泳いでいる白鳥、岸を上がってくる白鳥、食事をしている白鳥、巣を守っている白鳥。

全て格好良かった✨

ちなみに画像左上のどしっと構えてこちらを振り向いている(睨んでいる!?)白鳥の先には、

巣があって、雌の白鳥が卵を温めていました。

それを邪魔されないように、この雄の白鳥が守っていたのでしょうか。

雄白鳥さん、警戒心を高まらせてしまってごめんなさい。

ここから洞爺湖温泉街への帰り道はこのような道です。

洞爺湖の真ん中の中島の見え方が常に違って、楽しめます。

右下の画像の木は桜。

この当時は5月10日。

北海道はこの頃に桜が咲きます。

洞爺湖沿いの湖の岩。

いろんなところで見受けられますが、これは『力岩(ちからいわ)』と呼ばれるそうです。

火山の噴火の時の『火砕流堆積物』と言われるもので、

現在は『湖岸』を支える重要な役割を果たしているとのことです。

洞爺湖温泉遊歩道

ここに着いたらゴール同然。

36km、走り終えました♪

お疲れ様でした☆洞爺湖一周サイクリング、とても気持ちがいいものでした。

ただ、一つ気を付けないといけないと思ったのが、レンタサイクル屋さんが16:30までの営業だったと言うこと。

つまり16:30までに帰らないといけないので、自転車を借りる際に、その店舗が何時までなのかとか、乗り捨て可能なのか、とかそういう点は事前にチェックした方が良さそうです。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
体験 北海道《道南》洞爺湖
シェアする
スポンサーリンク