【和歌山県】東牟婁郡・串本町

和歌山県串本町にある橋杭岩 地域
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

和歌山県の東牟婁郡にある串本町。

和歌山県の串本町は、実は本州の最南端にある町です。

串本へは大阪の天王寺から3時間、JR『くろしお』に乗って到着します。

串本方面に行くときは『くろしお』が海沿いを走るために(進行方向、右側が海側です)、

とても眺めが良い電車旅を楽しめます。

国の名勝・国の天然記念物『橋杭岩』

橋杭岩(はしぐいいわ)は、JR串本駅から歩くと20分ほどで着きます。

道は一本道なので場所はすぐにわかります。

バス(乗車時間3分程)も出ていますが、本数が少ないので、タイミングが合えばいいですが、あまり期待せずに行くのがいいと思います。

橋杭岩は『吉野熊野国立公園』に指定されており、串本から歩くと、『吉野熊野国立公園』を通って橋杭岩に行けるので、歩くのにはいい散歩道です。

紀伊大島に向かって、850mほどの距離に岩が立ち並び、それが橋の杭のように見えるとのことで『橋杭岩』と呼ばれるようになったとか。

『国の天然記念物』『国の名勝』の指定を受けていて、『日本の朝日百選』の認定も受けている場所です。

せっかくなので、串本で宿泊される際は、ちょっと早起きして朝日を観に行ってみるのはいかがでしょうか。

串本町の目の前に見える紀伊大島

串本町の海側から正面を見ると少し行った先に見える島、紀伊大島があります。

ここも住所は串本町になり、紀伊大島と本州は『くしもと大橋』で繋がっています。

歴史の教科書で習ったことがあるかもしれませんが、1890年に起きた『エルトゥールル号遭難事件』は、この紀伊大島沖で起きました。トルコからの船がここで遭難してしまい、紀伊大島の漁師達が遭難した人々を助けたのです。

トルコは親日国と聞きますが、この『エルトゥールル号遭難事件』がきっかけだったようです。

現在、紀伊大島には、『トルコ軍艦遭難者慰霊碑』と『トルコ記念館』があります。

1870年(明治3年)に点灯した日本最古の石造りの灯台、樫野崎灯台も紀伊大島にあります。

最南端の町、串本町の最南端の地!潮岬!!

潮岬は、本州最南端の地。台風が来るとき等、よく中継で出てくる和歌山県潮岬は、この本州の最南端の地なのです。

潮岬は『串本駅』から、コミュニティバス(潮岬線)が出ていて、20分程で着きます。

潮岬は、観光タワーや公園になっており、太平洋をのんびりと一望できるとても贅沢な場所。

行き交う大型船を見るのも、珍しいのでずっと見ていられます。

本州最南端の地で、大自然を感じることができる場所です。

串本町のグルメ

串本町のグルメといえば、やはり太平洋の海の恵みでしょうか。

地魚といただくと、普段食べていた魚と全然味が違うので感動しました。

カツオ・まぐろ・伊勢海老・アワビ・サザエ・トビウオ・きびなご・姫ひじき…

目の前は海、そして本州最南端ということで、串本に行くならば、太平洋で元気に泳いでいる地魚を是非、食べていただきたいものです。

串本のグルメ
黒潮の恵みを受ける本州最南端のまち串本での「食べる」「グルメ」「名物」と言えば、必然的に海の魚介類が中心になり…

串本町の隣町、すさみの発祥『イノブタ』をいただく

こちらは串本町のレストラン『サンドリア』さんでいただける『イノブタの焼肉丼』(2015年時)

『イノブタ』とは『雌のブタ』と『雄のイノシシ』を交配した雑種のこと☆

串本の隣町に『周参見(すさみ)』という地域があるのですが、このすさみの町は『イノブタ』の発祥地。

すさみ町のイノブタは、長年の研究から、、一代雑種にこだわっています。

イノブタをもっと知ってもらおうと、周参見には『イノブータン王国』があり、そこでは毎年5月に『イノブタレース』という珍レースが行われていて、とてもかわいいらしいです。

周参見では、昭和45年3月8日に初めてイノブタを誕生させます。
その後、昭和49年より公の機関としては全国に先駆けて農林省の総合助成を受け、イノブタの試験研究をされているとのこと。

ところで、『周参見のイノブタ』は、長年の研究の中からベストの組み合わせとして、雌ブタ(デュロック種またはバークシャー種)と雄イノシシを交配した一代雑種(F1)を推奨し、一代雑種にこだわっているそうです♪

★関西地方は、神戸牛・松坂牛等で代表される牛肉の著名産地が多く、ややもすれば「ブタ」と名が付くだけで低位なものと思われがちでしたが、そんな固定観念を打ち破る品質だと自信をもっておすすめできるお肉です★

★あっさりしていて臭みがなく、癖がない中にも風味があり、
肉色は赤みが濃く、どちらかといえば牛肉に似ている。
豚肉に比べ適度な歯ごたえがあり、保水性が良く肉汁の漏出が少ない。
特に、脂身は甘くコクがあり、口の中でとろけるような滑らかさです。★

っと『南紀・すさみ イノブータン王国』っと言う、子イノブタの可愛い写真で癒されそうなHPにはそう書いておりました。

イノブタを見たいという方は『イノブータン王国』に行ってみてもいいかもしれません。

電車ならば『見老津』という駅から車で11分。串本から車ならば40分くらい時間はかかるようなので、ちょっと遠いかもしれませんが。

南紀すさみ イノブータン王国

そして『サンドリア』の『イノブタ丼』☆

まず『サンドリア』というレストラン!
ファミレスみたいな外観なので、
『味もファミレスかぁ(>人<;)』っと言うイメージでお店に入ったんですが、
このお店、結構美味しいかもです!

食材にこだわりがあるお店でした。

人は外見で判断してはいけない!っと言うのは、まさにこのこと!!!
(意味違いますね(^◇^;)笑)

サンドリア|串本町の食事、ランチ、美味しい季節料理のレストラン・サンドリア
串本町で美味しい季節の料理、ランチ、お食事はレストラン・サンドリア、生マグロを使った漁師料理などもお楽しみ頂けます

イノブタを見たいという方は『イノブータン王国』に行ってみてもいいかもしれません。

電車ならば『見老津』という駅から車で11分。串本から車ならば40分くらい時間はかかるようなので、ちょっと遠いかもしれませんが。

すさみの『イノブタ』。どんな味が一度味わってみるのもその地域での楽しみでもあります。

串本町の魅力

太平洋を元気に泳ぐ魚、最南端の場所で太平洋を眺めることができる和歌山県の串本町。海沿いにホテルがあるのですが、部屋から海をぼーっと眺めていると、エイがひょっこり顔を出したりします。海の景色、海の生き物が大好きな方にはおすすめの串本町。あとスキューバダイビングも串本は有名だそうで、行ったことない方は、是非一度、串本の海をダイビングしてみてください☆

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
地域 和歌山県《南紀》串本
シェアする
スポンサーリンク