東京メトロの覚え方

東京メトロのイラスト エピソード
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

東京メトロは数がとても多く、駅もとても多いです。

駅と駅の距離がとても短く、少し歩くと違う駅にたどり着きますが、注意するべきはその駅は何線かということ。

乗る駅が、近くにあっても進む方向は違ったり、引き返すのに時間がかかったり、行きたい方向への乗り換えがない線だったりするので、

線と駅名はセットで覚えて、乗り間違えないようにするのがスムーズな進み方です。


東京メトロは、9線走っています。

丸ノ内線
日比谷線
東西線
千代田線
有楽町線
副都心線
半蔵門線
南北線

駅も数多くありますが、東京メトロはどの駅を通るのかが謎です。
例えば、日比谷線や銀座線や浅草線。
日比谷線は日比谷に止まることがわかっても、日比谷とどこが繋がっているのかが、わかりません。

銀座線も銀座、浅草線も浅草には止まることは分かるがそれ以上がわかりにくい。

日比谷線は、北は『北千住』南は『中目黒』と繋がっています。
銀座線北東『浅草』から、西の『渋谷』まで。
浅草線北東『浅草』から、南の『西馬込』へ。


わかりにくいので色をつけてみました。(それでもわかりにくかったらすみません💧)

東京外の方は慣れるまで、線の名前では想像が難しいかもしれません。


駅も多すぎて複雑なので、これはもう東京メトロの駅で、メトロ路線図の紙をもらって持ち歩くのが、1番ラクだという結論に至りました。

駅の改札のある場所によく挿してあるアレです。

私はどうやって理解できたかというと(最初は本当に意味がわからず、友人との約束していても、乗り換えがスムーズにできずに、スマホの乗り換え案内アプリの時間通りのメトロに乗れず、遅刻したりしてしまう人間でした。)、

(意外と電車の本数が少なかったりするので、次の電車を待つ時間が結構あったりとかでどんどん遅刻!)

東京の地名の位置を理解して、路線図の紙を見て、

それを何回か繰り返していくと(GoogleMAPも結構見てました)、

案外メトロも頭に入るようになっていったような感じです。


まずはJR山手線、主要駅の位置関係と山手線の円を描いた中央にある駅が水道橋・後楽園・春日であるというようなことを頭に入れると、東京の主要地域が大体理解できてきて、

それに付いてくる様に東京メトロも頭に入ってきた様なイメージです。

 

山手線に地名の落書きをした図

⬆︎この様な図な感じです。

ちょっと間違っているかもしれないけれど、よく言われる地域をとりあえず落書き。

全部書いていたら、書ききれないので。

でも、ここまでできたら、あとは新しい地名も大体わかる様になります。

この時から、ちょっと理解できる様になりました。

よかったらご参考ください♪

よければメトロつながりで、こちらもどうぞ♪

⬇ありがとうございます!
⬇クリックしていただくと、ポイントが上がる仕組みになっています。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内ぶらり旅へ
にほんブログ村へ参加いたしました

⬆素敵な思い出の旅先となりますように☆

東京都の魅力♪

コメント