宇治市『黄檗山萬福寺』と日本三大精進料理『普茶料理』

宇治市
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

京都、宇治市は『宇治茶』や10円玉に描かれている『平等院鳳凰堂』が有名ですが、その、宇治駅の2つ駅隣の場所に、『黄檗(おうばく)』という駅があります。

この駅は、『黄檗山萬福寺』というお寺があり、このお寺を開いた方は、中国で僧だった方が、60代の時に、わざわざ日本まで来てくれて開かれたお寺だと言う。

なので、京都のお寺でも、最も中国らしいお寺。門をくぐると静かな中国のお寺に入ったような、そんなお寺です。

黄檗山萬福寺:おうばくさん まんぷくじ

そこから5分ほど歩くと辿り着くのが、黄檗山萬福寺。

このお寺を開かれた方は、隠元禅師で、中国にある『黄檗山萬福寺』の住職である。

その方が、日本から呼ばれて、60代の時に京都に来られてお寺をこの場所に開かれ、

場所が中国の元いた『黄檗山萬福寺』に似ていたので、宇治のこの場所も『黄檗山萬福寺』になったと言う話でした。

日本の京都のお寺をイメージして行かれると、一歩入れば、中国という感じなので、

京都のお寺巡りで旅をされる方は、この『黄檗山萬福寺』も行ってみると、同じ京都なのに、全く雰囲気が違っておもしろいと思います。

まず、三門をくぐり、まっすぐ進むと、『布袋様がお祀りされている天王殿』と『隠元禅師もいらっしゃる本堂の大雄寳殿』に繋がっているのですが、

お参りの仕方が間違っているのかもしれませんが、三門をくぐった斜め左に見えるこちらの開山堂からご案内します。

ちなみに菱形にかたどられたものがたくさん並んでいる道みたいなものがありますが、これは龍のウロコをイメージしていて、龍が通る道だそうです。

開山堂の門をくぐり、開山堂を上がると、右手に続く素敵な回廊があります。

歩いてすぐ庭に降りることができるようになっています。

とても広いわけではありませんが、雰囲気がとてもいいお庭です。こちらは2019年2月撮影。

秋の時期は紅葉がとてもきれいでした。2018年11月撮影。

また回廊に戻ると、鐘がありました。

ここから禅堂への入り口がありました。

中には入れませんでしたが、秋の時期に、グミみたいな実が大量に落ちていました。

この実は小鳥たちがつついて落としているようですが、美味しいのでしょうか。

回廊沿いに歩いていき奥に行き、法堂前を通ります。

法堂前からは大雄寳殿の後ろ姿が見えます。

黄檗山萬福寺:大雄寳殿

大雄寳殿(だいおうほうでん)は、大きなお線香があげれるようになっています。(正面から右の回廊を見るとお線香があります。)

天井は蛇腹天井と言われ、龍の腹を表しているとのこと。

この後ろ姿の戸は『桃』が描かれている『桃戸』と言って、萬福寺内でもこの桃を見かけることがよくあるのですが、桃の実は中国文化では魔除けとされているそうです。

そして、ここは萬福寺の本堂になります。

中国は明の時代の仏像がたくさん祀られおり、本堂の一番奥には、ひっそりと、このお寺を開かれた『隠元禅師』がいらっしゃいます。

そして、本堂の手前の天王殿では、布袋様がお祀りされています。

布袋様はあの七福神で馴染みのあるあの方!

七福神は架空の神とされていますが、七福神の中で唯一実在していた人物、

それが布袋様なのです。

七福神がキャラクターになった姿が頭の中にあると、布袋像が怖くみえるかもしれません。

そこには、紙に願い事を書いて、願い事の種類(?)に合う色の袋に入れるというものがあります。

皆様のお願い事を、布袋様はきっときいて下さっているのでしょう。

布袋様の絵馬もありました。

布袋様が描かれた満腹饅頭も売っています☆

黄檗山萬福寺:魚梆

売店の斜め前あたりの場所にあるのが写真左上の、生飯台。

その後ろには、写真右の『魚梆』と言われる時報があります。

大きな木の魚。

これぞ、お寺等でよく見かける『木魚』の原型です。

この黄檗山萬福寺を開いた『隠元和尚』が中国よりもってきた一つとして、木魚があります。

今までなんとなく、『なぜこれは木魚と書くのか』という疑問の答えがここで解決いたしました!

魚が丸い玉を食べているのかなと思っていましたが、

この丸い玉は、『人間の煩悩の塊』で、

それを吐き出しているという姿。

軽い気持ちで見ていた自分を反省。

そしてもう一つ、奥に雲版という雲のカタチをしているものもあります。

どちらも勝手に鳴らしてはいけませんが、実際の音を聞けるQRコードがあるので、それで聞いてみてもいいかもしれません。

黄檗山萬福寺:手水

そしてこれは本来最初に載せるべきはずの手水舎。

大変失礼しました。

最初の三門を抜け、直進すると天王殿前に設けられています。

拝観料は1人あたり500円です。

時間は9:00から17:00までで、

16:30が最終受付となります。

京都府《宇治市》普茶(ふちゃ)料理・黄檗山萬福寺精進料理 

黄檗山萬福寺:普茶料理

ここ、黄檗山萬福寺発祥の精進料理は、

中国精進料理を、日本人に合うようにされた精進料理の『普茶(ふちゃ)料理 』というもの。

日本三大精進料理と呼ばれる1つです。

なので、この辺りでは、『普茶料理』のお店もいくつかあります。

こちらの写真のお店は、萬福寺の総門を入るとあるお店です。

私は、このお店ではなく、『黄檗山萬福寺』の中にある、『黄龍閣』で、普茶料理をいただきに行ってまいりました。

この看板の奥に『黄龍閣』があるのですが、実はこのお寺から『いんげん豆』がもたらされたので、『いんげん豆太郎』というキャラが看板後ろにいました(笑)

普茶料理というものは、大勢で楽しむものとされ、複数人で行くと良いそうで、

2人以上の注文しか受けつけてくれないお店が多いですが、萬福寺内『黄龍閣』の普茶料理屋は、1人からでも食べることができるお弁当が用意されています。

これは2018年11月にいただいた『普茶弁当』

季節の食材をたっぷり使っているので、素材好き、自称グルメとしてはたまらないお料理。

茶団子の隣の蒲鉾に見えるピンクのものは、なんと、長芋の天ぷらでした♡

1つ1つが違う食材のお料理なので、飽きることなく、いただけます。

季節ごとに使う食材も変わるようなので、毎季節ごとに行って『普茶料理』を楽しむのも良さそう!っと思い、次の冬の季節にお邪魔いたました。

2回目は、友人を誘って、コース料理で。

コースは2名以上で予約可能です。

ここでは、料理ごとにお皿を変えるのではなく、この取皿2枚と、湯呑み1つでコース料理を全て取り分けて食べてくださいというものでした。

5000円のコース

ボリューム満天のコース料理。変わり種が何種類か入っているので、お店の方の説明にまずドキッとし、会話も弾み、ワクワクしながら、いただきます。

味も美味しいので、人をお連れしても喜んでいただけると思います☆

日本三大精進料理

【京都府】宇治市だけではない☆京都府の魅力♪

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
宇治市 観る
シェアする
にっぽんたびる

コメント