【大阪府】大阪南部…大阪市の南側

地域
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

大阪の南側とは大阪市内から南の大阪府をここでは指します。

JR線・南海線・阪堺電車と走っており、大阪の空の窓口、関西国際空港はこちらの大阪府南部となります。

《堺市》堺の街

堺市は大阪市の南に隣接します。

海側の堺工業地帯では、夜、ゴジラが出てきそうなイメージの光景を見ることができることで有名。

そのイメージが強くて、堺は工場地帯なのかなと思うと、様々な顔がありました。

堺の街は、茶人・千利休、刃物、商人の街として教科書に出てきたり、テレビでもよく取り上げられたりしますが、実は他にも有名な人物が多く関わっている街で歴史がものすごくある街でした。

ただ、過去に3度、堺の建物は焼かれたという歴史があり、堺の歴史は何も残っていない。。。っと堺の方が仰っていました。

なので建物は古くても江戸時代以降、歴史的に見ると古い建物は残っていないかもしれませんが、文化と記録はたくさんあるのだなと感じる街です。

堺市にはJR・南海電車・阪堺電車が通っています。

中でも阪堺電車はチンチン電車と言われ、チンチン電車の走るルートは、昔の町並みを感じる場所であったり、見どころが多くあり、ガイドさんも各施設にいらっしゃって詳しく話を聞くこともできます。

堺市はとても広く、古墳群も多く、自然もたくさんあり、かつ賑わいもあり、楽しめる街です。

堺市でフルーツ狩り

同じ堺市で、南海電鉄、泉北高速鉄道『栂・美木多駅(とが・みきた)』から6kmほどの場所に『南楽園』という、フルーツ狩りやバーベキュー、つりや手作りのアスレチックが楽しめる場所があります。

『栂・美木多』駅から南海バスが出ていて、15分程で到着します。

南楽園では色々な種類のフルーツ狩りが体験できますが、今回は、みかん狩りの時にお邪魔しました。

まずは着いたら休憩できる場所があり、持参したもので腹ごしらえ(笑)

とったみかんは、持ち帰ることはできませんが、園内で食べるのは自由なので、
腹4分目くらいにして、みかん畑へみかん狩りに行くのがいいかもしれません☆

みかんの木は傾斜があるところに植えられているので、行くときは滑り止めがついているスニーカーで行くのがおすすめです。

初めてのみかん狩り、無知で、滑り止めがないスニーカーで行ったのでみかんの丘を何回も滑ってしまいました。みかんは傾斜がある場所に植えられているので、結構危ないです。

美味しいみかんを探して上り続けていたら、青空がとてもきれいに見える広場を発見。

ここにレジャーシートを敷いて、大の字になって寝転がってみようという話になり。

そしてまたみかんを満足行くまで食べたら、南楽園の中を探検。

手作りのアスレチックもあって、幼い時を思い出して、遊んだり、
大人から子供まで楽しめる場所でした。

ちなみに園内ではみかんはどれだけ食べても大丈夫ですが、持って帰ることはできません。

南楽園に行ったのは10月だったのですが、実は12月初旬に行くのが、みかんも熟れて美味しいと思います。(※個人的見解)

⬇ありがとうございます!
⬇クリックしていただくと、ポイントが上がる仕組みになっています。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内ぶらり旅へ

旅の計画が素敵な思い出となりますように☆

大阪南部以外の大阪府内の魅力☆