【三重県】松阪市

御城番屋敷 三重県
御城番屋敷
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

三重県の松阪市は伊勢の少し手前にあります。

ここは松阪牛で有名な松阪市。

『まつざかし』と読みそうですが、『まつさかし』と読むのが正しいそう。

もっと言えば、松坂牛は『まつさかうし』と読むのが登録してある読み方だそうです。

そんな松阪を2km程、散歩してみました。

松阪も広いので、まず松阪の寄りたい場所を『御城番屋敷』に設定し、その付近を散策することにしました☆

松阪駅は近鉄山田線とJR紀伊本線の駅があり、線路は隣同士に走っています。

松坂駅の隣に『まつさか交流物産館』と『観光情報センター』があるので、よかったら、そこで地図をもらいに行きましょう。

スマートフォンでもmapを見ることはもちろんできるのですが、地図を実際もらったほうが、全体像がわかりやすいし、楽しみやすいのでおすすめです♪

松阪の街

景色としては、『松坂城跡』の前に構える『御城番屋敷』が、大変珍しい武家屋敷として有名です。

松阪でまず行きたかった、『納豆工場レストラン』の帰りに、御城駅まで歩くということで、散歩コースで最初たどり着いたのは、松阪駅から1.5km離れた『松阪神社』。

松阪神社御神木の楠

松阪神社は1000年以上続く伝統ある神社。

この楠は樹齢900年だそうです。

松阪神社の隣にあるのが『松坂城』。正式には『松坂城跡』。

また松坂城跡には梅林があり、ちょうど梅の咲き始めの時期に行ったので、かわいい梅を見ることができました。

松阪城跡

松坂城跡の石垣を上がっていって見ることができるのが、トップ画像の写真にもありますこの『御城番屋敷』。

御城番屋敷とは、江戸末期に紀州藩士が松坂城の警護を任されて、住んでいた武家屋敷。

このような組屋敷は全国でも大変珍しいそうで、国の重要文化財に指定されています。

御城番屋敷

御城番屋敷の敷地内はこのような感じです。手前は、建物の中も見学できるようになっていますが、奥は、住居として、現在も暮らしている方々がいらっしゃいます。

また、

松阪は三井財閥が誕生した場所であり、

三井家発祥地や松阪商人の館などがあり、

松阪は商人の街だったとのこと。

行ってみないと知らないことはたくさんあるなと勉強になります。

松阪は『本居宣長』ゆかりの地でもあるので、本居宣長のゆかりの地めぐりなどテーマを持って巡るのも楽しいでしょう。

城下町で歴史散策とグルメ旅「松阪を歩く」 - 観光三重(かんこうみえ)-
伊勢神宮最寄駅からわずか10分!豪商の城下&#3001...

松阪グルメ:納豆工場レストラン!!

美食を求めている毎回の旅、

松阪市に行こうと決めた際、美味しく、且つ地元の料理が食べることができるお店がないかなと検索していたところ、珍しいと思うお店を発見。

当初は松阪牛の何か一品で探していたのですが、ここは店の名前からして気になり始め、

好奇心からこの納豆工場レストランというお店でお昼ごはんを食べることにしました。

私自身は、納豆が好きな方ではないのですが、

納豆が健康に良いことは誰もがご存知の事、

そういった理由で、ナットウキナーゼを摂取しよう!と思って行きましたが、

納豆が特別好きではない方も楽しめるお店です。

納豆好きな方には、納豆のテーマパークのような(!?)、かなりオススメのお店です!

今度またゆっくり寄りたいお店でした。

家がもし近ければ、健康のためにも週に2.3回は通いたいと思うのでした。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
三重県 三重県松阪市 地域
シェアする
にっぽんたびる