電車移動も旅の楽しみの一つ⭐︎電車旅と言えば『車窓』に『駅弁』!

電車旅 移動手段
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

電車旅の魅力と言えば、やはり『車窓』と『駅弁』でしょうか♪

『車窓』も『駅弁』もどちらも、ここにしかない『風景』と『味』。

この風景を見ながらのこの味!というのもこの瞬間でしかできないものだったり、贅沢な瞬間です⭐︎

車掌さんもオススメの景色になると、速度を落としてくれたりして、景色を楽しめるので、

是非、電車旅も楽しんでいただきたいなと思います。

車窓の魅力♪

ひだ号から望む車窓


こちらは岐阜県の木曽川です。

名古屋から、『ひだ』号に乗って、いいポイントで、写真を撮りやすいように電車のスピードを落としてくれます♪

電車に乗っている時は気がつかなかったのですが(というか、今気がつきました!)、

この写真、左上に『水』っと書いてありませんか!?

『湧水が出るってことなのか?』『それとも他の意味??』

なんて、思えたりする景色とも出会えたりして、それが新たな発見に繋がったりして楽しいです。

山形県にて

こちらの車窓は地域が変わりまして、山形県の酒田から電車に乗った時。
見渡す限り田んぼ。これがとても美しい。

山形県。日本海に沈む夕日が堪能できる。


これは山形の酒田市から新潟駅に向かっているときでしたが、日本海側沿いを走る電車、夕陽の時間のとてもきれいな景色に出会い、
ずっと眺めていました。

そして、車窓を楽しむために、どの席に乗るかは結構重要です。
個人的には通路の右側か左側かというところですが、
人によっては前の席、後ろの席、とこだわりがある方々とも出会います。

私はそこまで詳しくはないのですが、例えば、海沿いを走る電車なら海側、などそういうことだけ把握して乗ると、移動時間がとても有意義なものになるのではないかと思います。

他は、北陸を走る『サンダーバード』から見える『白山』

一年のうち半年以上は真っ白な山、を、サンダーバードから見ることができ、

『くろしお』という和歌山の海沿いを走る電車から見る『太平洋』の眺めもずっと見ていられる素晴らしい眺めです⭐︎

岡山から四国に向かう際の穏やかな海の瀬戸内海に、ポコポコ浮かぶ島もとても印象的です。

橋の下は瀬戸内海

駅弁の魅力♪

そして、私の場合、車窓の旅に欠かせないのが、『駅弁』!

駅弁って手に取った瞬間ワクワクしませんか♪

そして電車で食べるっていうのがまたなんか楽しくて美味しい⭐︎

ちょっといいなと思った駅弁をご紹介♪

山形県庄内のうんめぇごっつぉ『庄内弁』酒田駅

酒田でお昼ご飯を食べようと思っていたのが、酒田で道に迷ってしまったことで、食べることができず『そしたら駅弁を!』っと思って売店に行くと、時間的にも遅かったからか、酒田駅に売っていたお弁当が一つでした。迷う間もなく、手にとった駅弁でしたが、これがまぁ、ものすごく美味しい!!

北大路魯山人直伝の方法を忠実に再現した『加賀魯山人弁当』加賀温泉駅

加賀駅・金沢駅にて受け取れるお弁当♪

山中塗の3段お重の弁当箱に入った『加賀魯山人弁当』は豪華で美味しい駅弁です☆

山中塗のお弁当箱はプリントではなく、本当の山中塗を施してあるそうです。
漫画『美味しんぼ』のモデルとなったと言われている北大路魯山人が、実際に加賀にいた時に(山中温泉と山代温泉で塗りものと焼きものの修行をされていた)、教えてくれた料理方法を、忠実に作られている内容だそうです。※予約制

自分のオリジナル駅弁を作るのも楽しい!!岡山駅

その地域の特産品・名産品をいろいろ食べてみたいという食いしん坊な私。

そうだ!いろいろチョイスして自分仕様の駅弁にしてみるのも楽しいかも!と思いつき、やってみました⭐︎

⬇ありがとうございます!
⬇クリックしていただくと、ポイントが上がる仕組みになっています。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内ぶらり旅へ

⬆素敵な思い出の旅先となりますように⭐︎

旅先でのエピソードを集めました♪

旅の教訓
旅にハプニングはつきもの。そんな旅先で起きたハプニングは旅の教訓となり、旅先でのいいことなどの楽しいエピソードなど、旅に行く前にちょっと目を通してもらえれば、きっとプラスアルファになる旅エピソードをまとめています。...
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
移動手段 駅弁
旅、時々食をフォロー
旅 時々食 にっぽんたびる