■駅弁■岡山駅で『自分仕様のオリジナルな駅弁』に♪

岡山駅にて 岡山市
岡山駅にて
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

魅力的な駅弁⭐︎

新幹線の駅だと特に、たくさんの種類の駅弁が売っています♪

種類が多くあって何がいいのだろう・・・っと迷うところでもあり、楽しみなところでもあります。

しかも、その地域の味を食べてみたいし、何を選べば良いのか?なんて、楽しい悩みもあり・・・⭐︎

いつもは『駅弁』を一つだけ購入していたのですが、今回、地元名産の食もいただきたくて、少量をいくつか購入し、自分のオリジナル駅弁に仕立て上げようと思い、ワクワク買い物タイムがスタート!

岡山は『鰆』が美味しい!岡山には鰆のしゃぶしゃぶを食べさせてくれるところがあって、とても美味しい!という話を聞いたことがあり、『鰆のしゃぶしゃぶ』とまではいかなくても鰆の、何か駅弁いなるようなものがあればいいなぁと思っていら、

岡山駅の駅弁屋で『鰆寿司』というものを発見!!

『焼き鯖寿司』の『鰆』バージョンみたいな見かけの寿司。

これは即決いたしました。

そして、お隣の土産物屋へ。

岡山駅 土産物屋

ちょっとおかずになるような何か小さなものを探しに土産物屋に入ると、

『きびだんご』の種類の多さに圧倒されました。

見渡す限りきびだんご!

すごい⭐︎

そして奥の冷蔵コーナーにて、『ままかり』を発見。

『ままかり』とは、小魚『ママカリ』の甘酢漬けのこと。西日本では『ママカリ』と呼ぶことが多いが、関東では『サッパ』と呼ばれる小魚のこと。

岡山県の名産品で、あまりの美味しさに自分の家のご飯がなくなり、隣に(ご飯を)借りに行ったという言い伝えがある有名な一品です。

そして、私、『ままかり』の存在は知っていたのですが、食べたことがなく、食べてみたいなと思っていた一品。

迷わずにこちらも購入。

この冷蔵コーナーには『蒜山』のチーズや乳製品なども売っていてそちらも美味しそう!でしたが、今回は我慢!!

こちらの店内、きびだんごだらけで、こんなにきびだんごがあったら、きびだんごがなんとなく欲しくなってきました(お店の戦略!??)。

どれにしようか見ていたら、↑写真中央のような、『生きびだんご』というものを発見!

『これは一つ売りのものもあるし、ちょうど、駅弁のデザートになって、いいかもしれない♪』

っとどれにしようか見ていると、『きびだんごクレープ』というものが!

クレープが好きなので、どうしてもそれに惹かれてしまう。

結局『生きびだんご』ではなく、『きびだんごクレープ』にしたのでした。

そうして、岡山駅では『自分仕様のオリジナル駅弁』が完成いたしました。

『ままかり』は食べたことがある方はご存知かもしれませんが、『酢』が『スッスッ!!』と入っきて、初めての人間からしたら酢のキツさ?にびっくりいたしました。(ギャグではありません)

『酢漬け』という時点でわかることなのですが、どうもその辺が鈍感;

お酒のあてとして、ちびちびやるというのがいいなと思いました。

鰆寿司は美味しいー!!

これを選んでよかったぁ♪っと思います。

きびだんごのアイスクレープみたいな印象。

美味しいです♪

が、まだ『生きびだんご』を食べていないので、また岡山駅に行ったら、『生きびだんご』に挑戦したいと思いました。

⬇ありがとうございます!
⬇クリックしていただくと、ポイントが上がる仕組みになっています。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村に参加いたしました

⬆素敵な思い出の旅先となりますように☆

駅弁のオススメはこちら♪

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
岡山市 駅弁
旅、時々食をフォロー
旅 時々食 にっぽんたびる