青森県青森市『ねぶたの家 ワ・ラッセ』

青森市ねぶたの家ワ・ラッセ 観る
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

青森駅前にある『ねぶたの家 ワ・ラッセ』に連れて行ってもらいました。

ねぶた祭がどのようなものかを感じられる施設。

ねぶた祭りを観たことがないので、ねぶた祭りを紹介しようとお友達が案内してくれたのですが、

ねぶた祭を観たことがないゆえに自分自身があまりわかっていないことにプラスして、面白くないのでは・・・っと思ってしまったりしていたのですが、(たびるのお友達に謝ります。そんなこと思っていてごめんなさい。)
想像していた以上にステキな空間でした。

青森県ねぶたの家ワ・ラッセ

ミュージアム内は、実際の三味線・笛・ねぶた囃子が流れていて、実物のねぶたが所狭しと並び、

迫力がある!

青森市ねぶたの家ワ・ラッセ

そして楽しい気持ちになります♪

ねぶたってこんなに大きいのか!!

そしてお土産にもこの小さなサイズが売っているのをよく見ます。
金魚ねぷた。

青森市ねぶたの家ワ・ラッセ

地域によって、『ねぷた』と呼んだり『ねぶた』と呼んだりありますが、この『ねぷた』は各参加地域でそれぞれ、デザイナーさんがいて、
毎年、デザイナーさんを選ぶ審査会みたいなものがあったりして、今年のこの地域のデザイナーさんはどのような『ねぷた』を作るのだろうか。っと皆さん毎年楽しみにしているそうです。

そしてお祭りが終わった後、各デザイナーさんの作品(ねぷた)は高値で一般の方や各施設等で取引されるのだとか。

青森市ねぶたの家ワ・ラッセ

地域が変わればお祭りの視点も変わるんだなぁっと思うことがたくさんのねぶたミュージアムでの体験でした。

ちなみに『ねぶた祭り』は種類があり、開催される日程も場所も違うそうです。

●青森ねぶたまつり(青森県青森市)
●弘前ねぷたまつり(青森県弘前市)
●五所川原立佞武多まつり(青森県五所川原市)
●黒石ねぷたまつり(青森県黒石市)

が主なねぶた祭りだそうで、地域によっては『ねぶた』と呼んだり、『ねぷた』と呼んだり、この使い分けは意味があるそうです。
開催されるのは7月末か8月~始まって一週間くらい開催するところもあり、地域によってここも違うそうです。
さらに、掛け声も違うそうです。

実際、毎年ねぶた祭を観に青森に来られる方々で、次の年は違う地域のねぶたを観に行ってみる。と毎年観に行くねぶた祭を変えて、
楽しんでいる方も多いそうです。

時間を作って様々なねぶた祭を堪能しに行く旅をするのもよさそうだなっと思います。

ねぶたの家ワ・ラッセはコチラ※別サイト

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
観る 青森駅
シェアする
スポンサーリンク