1945年:小麦畑だった場所は山になった!!《昭和新山》

昭和新山とメロンソフトクリーム 洞爺湖
この記事は約3分で読めます。

北海道の洞爺湖からすぐ近くに見える山が火山である有珠山(うすざん)。

その有珠山へ行く入り口に昭和新山(しょうわしんざん)があります。

トップ画像のソフトクリームの奥に写っているのが昭和新山です。

そもそも昭和新山とは、有珠山が1944-1945年に噴火したときに、隆起してできたもの。

想像するのが難しいのですが、もとは標高100mほどの小麦畑だった場所が、約1年ほどで標高400mを超える山となったそうなのです。

こちらが別角度から撮った昭和新山。

今も蒸気が上がっている箇所があり、確認できます。

昭和新山前は、大きな駐車場があり、

その奥には熊牧場、飲食店、土産店、ガラス館、有珠山へのロープウェイ乗り場があり、火山を学べる場所もあります。

熊牧場に行ったことないと言う話を地元の方にすると、
「熊牧場行ったことないの!?」
「そしたら、一回は行っておいた方がいいよ!(行った方がいいべ!)」
っと言われます。

北海道の熊牧場は登別にある熊牧場が有名だそうですが、
この昭和新山にもあるので、お時間ある方は行ってみてください⭐︎

規模は昭和新山の熊牧場より、登別の熊牧場の方が大きい様です。

さて、昭和新山の駐車場、
遠方からの車も止まっていますが、観光バスが結構多いイメージです。

もちろん洞爺湖温泉街からも公共交通機関で行けるように道南バスのバス停があります。

ただ、公共交通機関で行かれる方、このバスは道南バスと言いますが、
道南バスで行かれる方に注意していただきたいのが、

洞爺湖温泉街~昭和新山行きのバスが1日に4本、
昭和新山~洞爺湖温泉街のバスも1日に4本、

しかも洞爺湖温泉へ帰るバスの最終時間が16:20となっていますので、

時間の方は把握しておいたほうが良いです。(2016年時点)

また、昭和新山~洞爺湖温泉街までの距離は5.6kmなので、これはウォーキング好きな方に限りますが、帰りは歩くのも気持ちがいいです。

もちろんタクシーもありますので(おそらく昭和新山には待機していないので呼ぶ必要があると思います)、タクシーだったら楽々5分くらいで帰ることができます☆

あと、山の天気は変わりやすいです。
朝、快晴でも帰るときには雨が降っていることも少なくないので雨具は用意しておいたほうがよさそうです。
(この日、晴れていたのに帰り際に雨がガッツリ降り、びしょびしょに濡れたのです(笑))

ちなみに洞爺湖温泉に滞在していて有珠山に行かれる方へ、プチお得情報ですが、
洞爺湖温泉街のホテルやお店で有珠山ロープウェイや熊牧場の割引券、それとは別に昭和新山での買い物の割引チケットがありますので、それをゲットしてから行かれるとお得な気分です♪

(有珠山ロープウェイと熊牧場と洞爺湖汽船が割引になるチケット
 昭和新山のショッピング割引チケット
 は、一緒ではなく、別になっています。)

昭和新山での買い物割引券はもしかすると洞爺湖温泉街の『わかさいも本舗』にしか置いていないかもしれません。

ちなみにトップ画像のメロンソフトクリーム、

(美味しかったです。この味は、また食べに行きたいソフトクリームの1つ♡)

こちらもお買い物割引券の方で、50円引きがそんな感じだったので、活用させていただきました♪笑

ありがとうございました☆

洞爺湖の魅力
洞爺湖と洞爺湖温泉
東側・有珠山と壮瞥町
西側・洞爺の丘と洞爺町
洞爺湖温泉街から南へ進む