人形町、創業90年の昔懐かし人気のパン屋さんパーラーまつむら

人形町パーラーまつむら 東京・都会さんぽ
人形町パーラーまつむら
この記事は約2分で読めます。

人形町に創業90年の昔懐かしのパン屋さんがあります。

外観は昭和の時代の雰囲気、店内も昭和の時代の雰囲気があります。

お客さんは絶えず、お店に入ってきて、パンだけ買いに来るお客さん、
そして、イートインスペースもあるので、お仕事休憩中のサラリーマンやOLの方々がいらっしゃるのをよく目にします。

昔ながらの雰囲気のパンに囲まれて、どれにしようか見ていると、並んでいるラインナップが結構面白くて、中には結構変わった名前のパンを発見することも!!

きっとパン職人の方は遊び心がある方なんだな。っと、お店に親近感が湧きます。

そして、地元の子供とお母さんたちもよく寄るお店の様で、賑わい、地元の方々に愛されているお店。

トップ画像は、
クリームパン・かぼちゃのクリームパン・豚まんパン・海老グラタンパン。

イートインスペースでいただきました。
食べ過ぎなのですが、好奇心をくすぐられ、ついつい手に取ってしまいます。

ある日は、うぐいすパンとフィッシュバーガーとポテトのコロコロパン。
うぐいすパンが美味しすぎて、このあと、一斤買って帰りました。

その隣の不思議なパンは、クロワッサンパン!!
パーラーまつむらで私が初めて見たクロワッサンパンは、大きな一つのパンで、1本1600円する、まつむらの中の商品では破格なものでした。
クロワッサンパンという名前と値段が印象に残って、『あれはなんだったんだ??』っと、興味が湧いていたパン。

この日、お店を訪れると、クロワッサンパンをカットしたものがあり、迷わず手に取りました。

その下は、タマゴパン・カレーパン・栗あんぱん・自家製プリン

パーラーまつむらさん、プリンも作っていらっしゃるのです⭐︎
プリン好きにはたまりません。

いつもあるパンもありますが、いつもないパンもあって、毎回楽しませてもらえるパン屋さん。

駅からも近く、人形町や水天宮の帰りにでも寄りたいお店です。