苔の絨毯、神秘!平泉寺を歩く。福井県勝山市

平泉寺白山神社 勝山市
平泉寺白山神社
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

福井県勝山市。ここは恐竜博物館があるまちですが、恐竜博物館だけではありません。
かつて、中世の時代に一大宗教都市と言われた平泉寺(へいせんじ)があるまち。
平泉寺白山神社はとても美しい苔の絨毯が広がり、マイナスイオンがたっぷりでリフレッシュできる様な気持ちの良いスポットがあります。
そんな平泉寺白山神社ですが、単体で取り上げられていることはとても多く、絶景スポットとしても注目されていて有名です。ただ、その周辺の情報がわからないので実際にどうやって行ったら良いのかがわかりにくかったので、それも含めて平泉寺周辺のいいところをご紹介いたします♪

勝山駅から

勝山駅から平泉寺まで、5km離れています。
平泉寺近くまでの道はL字という形で、わかりやすいのですが、距離がありますし、
平泉寺に着いてから歩きたいので、
ウォーキングというよりはバスで行くのをオススメします。

バスは平泉寺線というバスに乗ります。本数が1日に4本くらいしかありませんのでご注意ください。

2020年7月時点では、勝山駅発8:34、12:21、16:52、18:22です。

平泉寺神社前というバス停があるのでそこで降りたら目の前が平泉寺です。

地図は勝山駅から平泉寺までの道です。歩く方はこの様な道を進みます♪

平泉寺(へいせんじ)

こちらが平泉寺白山神社。白山とはお隣石川県の霊峰。
勝山は福井県では、石川県との県境の位置になり、実はこの平泉寺白山神社の奥からは、白山に繋がっている禅道があるのです。このあたりの地域は至るところに白山神社があり、数に圧倒されますが、それだけ白山は大きな存在なのだということがわかります。
平泉寺は、この精進坂を登った奥です。

左の写真は精進坂を上がる間にある顕海寺(けんかいじ)。
顕海寺では大晦日の日に除夜の鐘を鳴らす人たちが多く集まってきます。
そんな機会に行くことがありましたら是非並んで鳴らしてみてくださいね♪
このあたりに弁慶の足跡もあるので是非見つけてみてください。

そして平泉寺に進みます。
右の写真の様な緩やかだけれど、この様な階段が続きます。

平泉寺は苔がとても美しく、絨毯の様にあたり一帯に広がっています。
苔の写真スポットはたくさんあって、ついついカメラ♪(携帯です)
黒い背景の写真は、大晦日の日の平泉寺です。
おみくじが50円で引けたり、値段の問題ではないかもしれないけれど、
なんと良心的なところなのだろう!っと感じました。

平泉寺には御手洗(みたらし)池という池があり、この池は泰澄大師が、白山登拝の時に見つけた池で、
さらにこの池に白山大神が出現されたとのことがきっかけで、ここに社をたてたと言われているきっかけになった池があります。

本殿の方には、白山・大汝・別山の社があります。
ここで受ける風は、白山の上の方で聞く風の音の様です。

三之宮の方に進みその奥に行くと白山に続く道、白山禅定道があります。

ただ、ここから『白山がすぐ行けるんだ⭐︎』と思ったら大間違い!
私の持っている地図でもちょっと時間が出てこないくらいの道のりなので、10時間以上は歩き続けると思います。

ただ山伏さんなどはこの道を使って白山に向かわれる方も多いとか。
白山に登る時はできれば、石川県の白山登山入り口である別当出合から登山されるのがオススメです。
別当出合からでもスピードによりますが4時間はかかります。(→詳しくは白山国立公園の記事にて)

中世の石畳

平泉寺内を歩いていたら、平泉寺発掘現場という看板があります。
この方向へ進むと、平泉寺の遺跡発掘地があり、発掘途中で止まっているという表現をした方がわかりやすいのか、そんな場所があります。
何かエンターテインメント的なものがあるのかと言うとそうではなく、何もない自然だけと思う人も多いと思います。
中世の時代、この地は一大宗教都市として栄えていて、その時の石畳などを歩くことができ、その時の光景をイメージしながら歩く様な場所です。
人がいないので、何もないのが好きな方にはとっておきの場所です⭐︎
(何もないと言うより、自然がいっぱいあります。)

少しイメージが違うのですが、雰囲気はこの様な雰囲気。

白山平泉寺歴史博物館まほろば

平泉寺を出てまた戻ると、まほろばと言う白山平泉寺の歴史博物館があります。
とても大きな施設というわけではないけれど、館内では平泉寺の歴史と白山について結構しっかり学ぶことができた印象でした。
わかりやすく映像が流れていたり、大きな絵で解説があったり、大人も子供も楽しめる様になっています。

そして私のイメージでは、ここまでで午前中のスケジュールだとちょうどいいなと思っています。

このあたり、数カ所飲食店があったりするのでこの辺でお昼ごはんをいただくのも♪

白山平泉寺歴史探遊館 まほろば - 国史跡白山平泉寺旧境内

休館日などご確認ください⭐︎

平泉寺ソフトクリーム

この辺り、平泉寺ソフトクリームラブリー牧場のソフトクリームがあります。
まず、『ラ、ラブリー牧場って・・・??』っと思ったのですが、この近く(と言っても歩くと遠い)にラブリー牧場という名前の牧場があるそうです。

このラブリー牧場直営のミルク茶屋という場所は後ほど説明するといたしまして、こちらは平泉寺ソフトクリーム。

実は先ほどのまほろばのごく近くにもあるのですが(平泉寺のソフトクリーム屋さん六地蔵店)、
こちらは1.4km行った先のお店。

せっかくだから、この辺歩きませんか♪っという私のアイデアですが、もちろん歩きたくない方は、六地蔵店さんに♪

こちらの方はテラス席もあります。
私はソフトクリームの上にプリンがのった『プリンちゃん』というものを・・・。
ちょうど数ヶ月間、おいしいプリンを食べることができない状況だったので(どんな状況!?)
ソフトクリームも食べることができるし、一石二鳥の逸品♪

福井県全体が恐竜推しなところや、ラブリー牧場という名前や、プリンちゃんという名前とか、
福井県ってほんとほっこりするまちだなぁっと思う私。(もちろんめちゃくちゃ良い意味で、です!)

勝山城博物館

平泉寺の近くに勝山城博物館という天守閣風の建物があります。
ここは、平成4年7月に開館した、お城として考えると、とても新しい建物。

勝山には勝山藩があり、そこには天守はなかったのだが、勝山藩や勝山城の遺構が、
勝山にかつて存在したということを、博物館建設という形で実現されたということです。

こちらの博物館は先ほどの平泉寺ソフトクリーム屋さんから1.6km離れています。
ただこの勝山城博物館は、実は平泉寺への旧参道がとても近くにあるので、ここから平泉寺旧参道を通って平泉寺に行くことができます。
平泉寺ソフトクリーム屋さんに行かない場合は旧参道の菩提林(ぼだいばやし)を通って、この勝山城博物館へ行くのも素敵です(距離は1.6kmあります)。

開館時間・料金・アクセス

休館日など、ご確認ください⭐︎

みるく茶屋

そして、勝山城博物館の駐車場にミルク茶屋というお茶屋さんがあります。(あっミルクです)
駐車場は無料駐車場とのこと。
こちらは、先ほどから話題にしている『ラブリー牧場』さんの直営店。
自営牧場で搾ったジャージー牛乳を使用して 、ソフトクリーム、ジェラート、低温殺菌牛乳、シュークリーム、プリン、洋菓子などを販売されています。

ラブリー牧場のソフトクリームの味も気になるところなのですが、平泉寺ソフトクリームを食べたので、ラブリー牧場の方はまだ食べておらず。

ラブリー牧場もここから近くにあるそうなのですが、それは車で、ということであって、地図を見ると結構奥まったところにあるのかなという印象。

牧場の方で、売店などはないので、ラブリー牧場の商品を買うのならば、このみるく茶屋などの直営店で購入してくださいとのことです。

これはみるく茶屋というより、近くの道の駅で購入したのですが、こんな可愛いパンもあります♪

恐竜メロンパンって・・・。

やっぱり福井県ってほっこりするなっと笑顔になってしまいます♪ありがとうございます!!

http://lovelyfarm.lovepop.jp

詳しくはこちらでご確認ください⭐︎

帰りは勝山城博物館前からもバスが出ていますので、バスで駅まで帰るのがオススメです♪
近くに(と言っても、1.2km先)勝山ニューホテルという宿泊先もありますので、前後にこちらで宿泊して、平泉寺周辺を楽しむ、そして次の日は恐竜博物館コースを♪などの過ごし方も、勝山を堪能できるとても楽しいプランに思います。

⬇ありがとうございます!
⬇クリックしていただくと、ポイントが上がる仕組みになっています。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内ぶらり旅へ

旅の計画が素敵な思い出となりますように☆

旅行、たくさん行きたいからこそ、
お金と時間がキーワードな方、少なくないと思います。

(副業)ココナラでオリジナルアイデアを売ってみる!

(投資)毎月積み立てで資産運用。
資産運用はAIロボットがやっている!
投資なのでもちろんお金が増えたり減ったりします。
まずはポートフォリオ診断してもらえます。

(在宅ワーク)もちろん副業でも。
安定的収入にできて、
在宅ワークスタイルに変えることができるならば、
旅行先で仕事をするというスタイルも可能!