巨石めぐり!磐座信仰があった交野・普見山獅子窟寺奥之院へ⭐︎

獅子窟寺 奥之院 交野市
獅子窟寺 奥之院
この記事は約6分で読めます。

大阪府にあります交野市の獅子窟寺(ししくつじ)奥之院をご案内します。

獅子窟寺は高野山真言宗の普見山(ふみざん)獅子窟寺と言われ、真言宗の方々の修行場所でもあり、
弘法大師(空海)もその昔、修行しに来ていたとのこと。

交野市は『星の伝説』が様々あるとされている地域なのですが、

この獅子窟寺で空海が秘法を唱えると、星が降ったという伝説があります。

今の時代の方々は「本当に!?(そんなことはないでしょー笑)」と思う方が圧倒的に多いと思いますが、

昔から星が降ったという伝説があるということもあり、

交野という地域の星めぐりをしていると、『本当に降ったのかも!?』っと段々と思うような感覚にもなってくるのでので、面白いです。

そして、この地域は、昔、磐座信仰の地であったそうで、

大阪なのに(!?都会のイメージという意味で)、巨石がゴロゴロとしています。

ここ奥之院までの道のりこそ、巨石がゴロゴロとしていましたので、是非案内したいと思います。

が、これを読んで行かれる方、遊び半分で行くと、意外に危険な箇所もあるので、十分に気をつけて(靴は滑り止めのあるしっかりしたものを履いてください)行ってくださいね。

足元もそこまで良くないので、雨の日や空が暗い日はあまり行かない方が良いです。

こちらでは獅子窟寺本堂から獅子窟寺奥の院までを案内しますが、最寄り駅からの行き方や、獅子窟寺については、こちらをご覧ください☆

獅子窟寺参道

それでは、本堂横の階段を上がったところにある巨石から案内します。

普見山獅子窟寺境内案内図
普見山獅子窟寺境内案内図

こちら獅子窟寺の境内案内図です。

この案内図は獅子窟寺境内の入り口にしかありません。(上に上がってもこの案内はない)

この案内図で言うと、本堂の左の階段を上がったところです。

階段を上がると巨石がお出迎えしてくれます。

獅子窟寺の巨石
獅子窟寺の巨石

この岩の裏側に階段があるので裏の階段を上がると観音岩と獅子の岩群があります。

獅子の岩

そして、その先は立ち入り禁止になっているのですが、昔は立ち入り禁止部分からぐるっと岩を回れたようで、最初の岩に戻れるようになっています。

そしてこの写真、左上のもの、獅子の岩あたりから見える、岩と岩との空洞があります。

この裏側がおそらく、右下の写真の岩。

ちょうど立ち入り禁止になっている区域の部分。

空海が秘法を唱えた岩!?という伝説の残る岩がこちらです。

近くで見たいのですが、おそらく足元が悪すぎて、立ち入り禁止になっているかと。

この写真はどこで撮ったのかというと、最初の岩を左に行く小径があり、そこを通っていきました。

その先は立ち入り禁止で、ギリギリまで近寄りましたが、危なくないとは決して言える道ではないので、

見にいく方は十分に気をつけて行ってください。

観音岩奥に続く道。
観音岩、奥に続く道

観音岩を左手にして、奥に道が続きます。

ここが、獅子窟寺の奥之院に続く道で、ここまでは舗装された道を上がってきましたが、ここからは山らしくなり、滑る箇所もあるので、奥の院に行かれる方は、少し登山的な格好で行った方が良いと思います。

(写真から判断して行ってもらえればと思います。)

奥之院に続く前半の道はこのような道。

ちなみに獅子窟寺本堂から奥之院までは30分位は歩く位の距離です。

前半は道が続いていてとてもわかりやすいと思います。

そして、八丈岩というとても大きな岩が現れます。

八丈岩。奥の山が少し紅葉して綺麗だった。

この八丈岩、上れるように足場が掘られています。

ここに上がって寝そべったりできるようなのですが、ここを上がったところで、どうやって下りるの!??っと思ってしまったので、上がるのはやめました(笑)

八丈岩から下に続く小道があり、ここを下りていきます。

この辺りから巨石がゴロゴロとしていて、鏡岩、袈裟かけ岩、龍岩窟と続きますが、

どれがどの岩なのかがわからなくなります。

八丈岩はぐるっと見ることができるようで、この岩沿いに道がありますが、

奥之院への道は、この写真(↑)の右に続く道を下りていきます。(細い道です。)

すると突き当たりにおそらく袈裟かけ岩という岩があり、右と左に道が分かれているように見えるのですが、

そこを左の道に入ります。

左の道に入ったところからは下の写真の様な道になります。

このようなみち、巨石をめぐりながらどんどん下りていきます。

とても細くて危ない箇所もあるのですが、そのようなところはロープ(命綱)が張られてあったりして、怖かったらそのロープを掴みながら進めるので、

危ないけども安全に進むことはできます。

※ただ、上の写真は2020年の12月に撮影したもので、

2021年2月に行くと、ロープが張られてある道が、倒木だらけで通れなくなっていました。

もし倒木がひどく、通れない場合は、もう一つ進める道があるので、そちらを進むのですが、

このルート、ロープが2月時点で張っていなくて、大きな岩穴があったりして少し危ないので十分に気をつけて進んでください。

倒木があるあたりから、奥之院までは5分程で行ける距離です。

足元にもお気をつけください。

素晴らしい巨石を眺めながら歩けるのですが、この辺りは岩の穴もあったりするので、少し足元にも気をつけて進んでくださいね♪

そしてここを下りていくと(右手に道があります)、奥之院にたどり着きます。

奥之院にも石仏が祀られています。

獅子窟寺奥之院

とっても大きい巨石で、写真ではなかなか大きさが伝わらないので、一緒に行った方も共に写っていただきました。

この辺り、本当に巨石がゴロゴロして圧倒されます!

奥之院は少しだけ中に入ることができるので、是非入ってみてください。

岩と岩の間から差し込む光が美しく、何千年もかけて?削られた岩と岩の隙間などを見て、自然の素晴らしさを感じたり、そして、とても優しい風かどこからともなく吹いていたり、

とても神秘的な体験をすることができました。

奥之院お隣にもこんな巨石があり、ここも入ることもできそうな雰囲気もありました。

この先を進めるようですが、ここで獅子窟寺本堂に戻ることに。

とにかく巨石を楽しみながら戻りますが、ちょっと迷いそうな道もあるので、来た道は覚えながら、戻ってくださいね♪

写真をどう撮って良いのかわからないくらい大きい!
一眼レフを持ち歩いていた方は、この岩が大きすぎて撮れない(写真に収めることができない)と残念がっていた様子。
帰り道はこの小道を上がります!
この道になると戻ってきた!という感覚になります⭐︎

来た道を戻っているはずだけど、こんな道を通っていないかもと思ったら、引き返してみてください。

そして元きた道になんとか戻ってくださいね♪

八丈岩から奥之院に下りる道で迷ってしまう可能性があるかもしれないのですが、

この間、15分位で八丈岩に戻っていなかったら、道を間違っている可能性があります。

15分ほど経っても八丈岩についていなかったら、元きた道を戻っていただいた方が良いと思います。

そして、私の方は、無事八丈岩に到着し(実は迷って道を間違えていた笑)、一安心。

そこから本堂へ向かって歩き、本堂までもうすぐのところで一瞬外が見えるポイントがあるのですが、この景色!何やら雲海的な気がする!!っと、先を急ぎました。(この先(本堂奥)に、展望デッキがあるのです。)

戻ってきました!こちらが上から見た本堂。

そして本堂奥に展望デッキがあり、そこまで急ぎます。

が、少し遅かった!!半分雲海な感じでした。この景色も幻想的⭐︎

素敵な風の吹く奥之院、巨石群を見せていただき、

幻想的な景色も見せていただき、とても良い奥之院めぐりとなりました。

獅子窟寺展望デッキからの眺め
獅子窟寺展望デッキからの眺め

ちなみにこちらは、同じ展望デッキからの、普段の眺めです⭐︎

コメント