宇治市六地蔵駅から3.4km京都市山科駅から4.5kmをどちらも歩く

桜橋から見る山科川 京都市
桜橋から見る山科川
この記事は約3分で読めます。

京都市伏見区と言えば伏見稲荷がとても有名です。

その伏見稲荷からもっと奥には山々が広がっていて、そちらに醍醐寺があります。

醍醐寺には最寄駅、京都を走る地下鉄東西線の醍醐駅がありますが、

乗り換えないといけないのがなんだかな(面倒だなぁ)と地図を見ていると、

JR宇治線と京阪宇治線の六地蔵駅と、JR京都線山科駅と京阪大津線の京阪山科駅を直線上に結ぶと、その間あたりに醍醐寺があるのです。

地下鉄東西線の醍醐駅から醍醐寺までは1kmですが、

六地蔵駅からは3.4km程、

山科駅からは4.5kmほどの道のりとのことで、

歩くのが好きなため、どちらも歩いてみて、(どちらが良いか?!)検証してみました。

宇治線六地蔵駅から醍醐寺

六地蔵駅は、京阪電車の宇治線とJRの宇治線があります。

同じ駅名ですが、駅が直結しているかというとそうではなく、徒歩5分強距離が離れています。

京阪電車の宇治線の六地蔵駅からスタートされる方は、まずJR宇治線の六地蔵駅に向かいます。

これは京阪電車の六地蔵駅すぐに流れている『山科川』

この山科川を写真左方向沿いにずっと進んでいくと『山科』駅方向に行きます。

この写真のマンション付近がJR六地蔵駅になり、そちらを目指します。

JR六地蔵駅に着いたら、道は一直線。

六地蔵町並交差点があるので、その交差点を渡り、そのまま直進します。

3kmほど直進したあたりの『醍醐和泉』という交差点を右に曲がり、すぐ左に進むと醍醐寺の総門があり、道はわかりやすいです。

車通りが多く、道幅が狭くなっているところがあります。
地元の方も気をつけて運転してくださっている様ですが、気をつけて歩いてください。

⬇︎mapで途中ギザギザのルート表示がされていますが、ギザギザ曲がらなくても道を直進できます。

山科駅から醍醐寺

山科駅 京阪電車の山科駅の向かい(奥)にJR山科駅がある。

山科駅から醍醐寺までの距離は4.5km。

六地蔵駅から醍醐寺へ歩くよりも1kmほど距離が長いです。

道はまっすぐではなく、グネグネと進んでいくイメージ。

道も自然の景色を楽しみながら、というより、住宅街をずっと歩いているイメージが強い道でした。

地下鉄『山科駅』の次の駅の『東野駅』までは大通り沿いを歩き、ビルやお店が並ぶ中を通り、『東野駅』あたりから住宅街を少しグネグネと進むイメージで醍醐寺を目指すルートです。

左上が山科川。そこから右回りに、醍醐寺までのウォーキングの景色をザックリと載せました。

⬇︎このmap通りの道になります。

どちらも歩いてみて

宇治市の六地蔵〜京都市伏見区醍醐寺と、京都市山科区〜京都市伏見区醍醐寺、

どちらも歩いてみて感じたことは、

距離を歩きたい方は、山科から醍醐寺を歩くのが良いかもしれません。

ですが、景色を楽しみながら歩けるのは、どちらかというと六地蔵から醍醐寺を歩く道です。

山科から醍醐寺までは、六地蔵から向かうより若干距離が長いということもありますが、

住宅街を歩き、その中で、曲がる角もいくつかあるので、mapをずっと見ながらのウォーキングをするというのが、なんだか長く感じてしまいました。

山科駅から醍醐寺までは地下鉄東西線で4駅あり、

山科駅から行くならば、地下鉄東西線を使った方が良い。というのが私の感想です。

一方、六地蔵から醍醐駅は2駅なのですが、

こちらは、歩くのが好きな方は歩くのはおすすめです。

醍醐駅から醍醐寺までも結局1km歩くことになります。

ですが、地下鉄東西線を使われる方は、是非是非醍醐駅を利用してくださいね♪

醍醐寺の最寄り駅は地下鉄東西線の醍醐駅。

醍醐寺まで行くのに、地下鉄東西線を利用するのが、少し不便だなと思う場所にいることが多いので、

他の方法ってないのかなっと考えていて書いた記事です。

同じ気持ちの方がもし、いらっしゃって、こちらが参考になれば幸いです。