観る

大阪府《大阪市》明治・大正・昭和・平成を感じる三休橋筋、約3kmの旅

三休橋筋とは、御堂筋と堺筋の中間を通っている筋のことです。 大阪市中央区に位置し、中央公会堂 から南に向かって、道頓堀で三休橋筋の終点になります。 そんな一本道ですが、この三休橋筋沿いには、レトロな建物が多く、最近はオシャレな...
観る

《梅田・中津》年に2ヶ月だけ開館!南蛮文化館

毎年5月と11月に開館される『南蛮文化館』が、大阪・梅田駅の隣、中津駅にあります。日本の南蛮文化の関係。日本で、イエス・キリスト、聖母像、織田信長・・・。十字架に、トンボの柄が入ったもの。日本の中で生きた南蛮文化。とても不思議な感覚になります。
地域

大阪府《大阪市内》の観光

大阪市は、『天下の台所 』と言われるように、 その昔、物流や商業の中心で、全国の藩が蔵屋敷を置いており、栄えた地域でした。 そんな大阪市は、明治・大正・昭和の歴史を感じる機会も多い大阪市を紹介します。 交通 大阪市は、よく言われるのが、...
スポンサーリンク
観る

大阪のベイエリアはエンターテインメントの街!交通の便と観光スポット

大阪市内のベイエリア、大阪市内でも海遊館やUSJなど、エンターテイメント的な要素が強いのがベイエリアではないかと思います。これからもどんどん開発されていくのか、ベイエリアは現在も開発中な雰囲気があります。ベイエリアと言ってもエリア範囲は広く、電車も複雑なので、一日で全て回ろうと思うと少しハードなスケジュールになりそう。
地域

京都府相楽郡(そうらくぐん)和束町(わづかちょう)

京都府の南東に位置する和束町。ここは宇治茶の町で、四方を見渡すと、無数の茶畑が目に入ります。茶畑の見え方も季節によって様々なので、各シーズンで行ってみるのもよし。お茶を飲んで、お茶を使った食材を食べて、町は広いので、サイクリングをして様々な茶畑を回るのもいいでしょう。
東京

東京メトロの覚え方

東京メトロ、メトロはメトロでも大阪のメトロとは路線の名前の付け方というのか考え方が違って、どちらかに慣れている方はどちらかがとても複雑に感じる。そこでなんとなくの理解の仕方について考えてみました。頭の中がごちゃごちゃになってしまっている方に一度読んでいただきたい記事です。
観る

《京都》東福寺

1343年に創立された東福寺。東福寺三名橋から、紅葉が楽しめる風景です。苔など紅葉時期以外でも楽しむことができます。国内の最古最大の建築物などいくつかあり、多くの僧がここで修行するために生活していたんだななど、生活を想像しながら、歴史を感じることができます。
大阪

大阪メトロの覚え方

大阪のメトロと東京のメトロと、東京の方が圧倒的に駅数は多いのですが、大阪もそれなりに駅数はあって、観光に来られる方は、わかりにくいと感じられる方もいらっしゃると思います。なぜならば東京メトロと考え方とうのか、線の表現の仕方が全く変わるのです。

京都駅付近の『崇仁新町』1丁目~4丁目は、屋台が集まる場

京都駅と七条駅から徒歩10分程の距離にある『崇仁新町』。ここは屋台が10軒以上集まる屋台村。いろいろなものがあるので、食べるもの、飲むもの、目移りします。雰囲気が楽しく、賑わっているので、飲み過ぎには注意ですが、程よく飲んで食べて楽しめる場所です。

《京都》京阪七条から徒歩5分、細い路地にあるスパイシーカレーと珈琲

京都、七条河原町の交差点近くに細い路地があり、その路地を入った所にカレー屋と珈琲屋が一緒になっているお店があります。カレー屋も珈琲屋もそれぞれのスペシャリストのお店。不思議なお店のスタイルですが、客側からすると、スペシャリストの味をどちらも、1店舗で楽しめるというのはとても嬉しいことです。